11/07/2016

第26回 ぐんまマラソン

Img_3676
 今年に入ってからフルマラソンの完走に向けて練習を始め、10月のアクアラインマラソンの抽選に漏れたので、このぐんまマラソンに申し込みしました。文化の日は晴れの特異日ですので、昔からこの日のマラソン大会にはよく出場していました。

 4月からMIHOコーチにメニューを組んでいただき、練習を積みました。この効果はすぐに実感しました。これまでに走ったことがないほどの距離を毎月走ることができたからです。ランニングは部活動として、趣味として10代の頃から続けていますが、コーチにメニューをたててもらったことがありませんし、ぼく自身にそのような能力もありません。これまでその日の気分で走ることが多かったので、走っても月間100キロ程度でした。しかし、コーチにメニューを立ててもらい、目標を持って走ることで、月間250から300キロをコンスタントに走ることができるようになりました。

 10年ぶりとなるフルマラソンの目標タイムは3:15に設定しました。キロ4分30秒ペースです。目安として、1月のサンスポ千葉マリンマラソンでのハーフマラソンを1:30:07で走っていましたので、フルマラソンを最後まで走りきる持久力をつける練習を意識して取り組みました。練習でマラニックや30K走、40K走をこなせたので自信になりました。

 さてぐんまマラソンのコースは5Kまで軽く登った後、全体的に下って追い風が続き、32キロから登って向かい風という、タフなコースでした。コースの一部に広いバイパスがあり、快適に走ることができました。前半の内に終盤の向かい風は想定できたので、前半の内に貯金を作っておいて、終盤粘って目標達成を目指しました。30キロ過ぎになると脚に痙攣があったので、最後まで走りきられるようにペースを落としました。結果的に何度か立ち止まって脚の裏側を伸ばしてから走り出しましたが、36キロあたりでゲストランナーのエリック・ワイナイナが追いついてきて、ちょっとだけ会話できて元気が出ました。40キロからの最後の向かい風も想像以上でしたが、なんとか走りきることができました。
Img_3677

 次のレースでは30キロ以降ペースダウンしないような走りを目指して、また練習しようと思います。

記録:3:07:14 種目順位:22位

5K 21:49 (21:42)
10K 42:53 (21:04)
15K 1:04:29 (21:36)
20K 1:25:21 (20:52)
Half 1:29:57
25K 1:46:21 (21:00)
30K 2:07:32 (21:11)
25K 2:32:10 (24:38)
40K 2:55:56 (23:46)
Goal 3:07:14
(ネットタイム: 3:07:07)

Img_3679

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15/2016

frun20周年

ぼくが長くランニングを続けてられている理由はfrunにあります。
若々しく走りつづける先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそうな気になりますね。

10月10日の体育の日にfrun20周年のイベントがありました。同窓会のようにとても盛り上がりました。

思い返すと先輩に誘われて中学生で陸上部に入り、それから30年ぐらい走っています。
初フルマラソンは1994年の北海道マラソン。当時はまだサントリーがメインスポンサーでした。

同じくNIFTY-Serveのアカウントを持ったのも1994年。
進学して住み始めた札幌で、マラソン大会の事をfhokuto(北海道フォーラム)で尋ねたところ、
くまぼうさんに誘われてfrunに入ったのでした。
そのマラソン大会は1998年の5月頃に大通公園から円山公園のある西に向かって走る10Kほどのコースだったと思います。
それから18年以上経ちました。札幌から京都、アメリカ、大阪、転々とし、関東で落ち着きました。
各地でランニングを通じてたくさんの友人ができました。結婚もできました。

マラソンを続けていて信じていることがあります。

「マラソンで知り合う人に悪い人はいない」

frunで人生の先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそう。
まだまだ元気に走り続けていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2016

分子マシーンにノーベル賞

今年は超分子化学の分子マシーンの研究にノーベル賞でした。Stoddart先生の論文は修論で緒言に使いましたし、懐かしい感じがします。
そういえば、かつてjunkさんのおもしろ化合物にこれらの分子がとりあげられていましたね。
何にも役に立たない分子たちですが、この研究は自己組織化と呼ぶ分子自身が持つ才能を、人間がどこまで利用することができるのか、挑戦した記録です。
分子シャトルのように、本当に動くのかわからないけど、自分でデザインした分子をその通りに合成し、期待通りに動いたことを証明する。この積み重ねだったと思います。
ノーベル賞で学生時代に勉強した研究に触れて、自分でもおもしろ化合物を合成したくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/02/2016

おこしやすマラソン

Img_3647
おこしやすマラソン ハーフの部に参加しました。

今年はフルマラソンに挑戦すると決めて練習を重ねてきました。アクアラインマラソンに外れ、それから申し込んだぐんまマラソンまであとひと月。ポイント練習のハーフマラソンです。

事前の練習では二日前に2000mインターバル5本を走り、前日は慣れないバスケットボールで汗を流していました。そのため、ふくらはぎや全身にやや疲れを感じる状態です。

レースペースを意識して4'15"–4'30"/kmで走りきることを考えていましたが、コースの鴨川河川敷は足元がでこぼこしているところもあり、二往復するため繰り返して高低差があるので、あまりペースは考えずに走りました。それに気温が30度まで上がるとの天気予報でした。

レース中は久しぶりに顔をあわせる仲間たちがスタッフをしているので、大きく手を振りながら、一瞬だけの再会を喜び合い、エイドでは立ち止まってちょっとだけお話しできました。

前半は二番手で走っていましたが、半分過ぎたところで、先頭の選手がやめてしまったので、意図せずに先頭になりました。もともと追い込んで走っていなかったので、先頭になってからも余裕のあるペースで気持ちよく走れました。船形エイドでたけちゃんにビールをすすめられた時には、断れずにひと口だけいただいてきましたが、名物の生八つ橋もごちそうさまでした。

14500282_1299892720021281_358341857


もともと2002年の第1回大会を始めた時に、いつも参加しているマラソン大会を自分たちで開催しよう、自分たちでやるからには楽しい大会にしようという気持ちで開催しました。15年経ってもおこしやすマラソンは変わらず楽しい大会でした。全てが手作りで一人ひとりができることを手伝って、壮大な大人の遊びです。また同窓会のようにみんなで集まれると良いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/29/2016

Nike+ Running 8888 km

Img_3630_3

7月1日に7999 kmの書き込みをしてから、
約3ヶ月で8888 kmに到達です。
さらにさかのぼると去年12月に6666 kmでした。
今年はよく走っています。

今回の金沢出張中にも市内観光がてらに走ってきました。
1日目は犀川の河川敷を日本海まで走りました。

Img_3624_3
久しぶりの日差しを浴びて、
真新しいシューズで、
気持ちよく走ることができました。


2日目は小雨。
浅野川のほとりを、
足元に気をつけてゆっくり走って、
卯辰山を駆け上がりました。

反対側に降りてひがし茶屋街のあたりは、
金沢マラソンのコースにもなっているのですね。
とても走りやすかったです。


Img_3629_2

出張先での早朝ランニングを続けていますが、
帰りの新幹線の中でラジオを聴いていると
クリールにも連載を持っている「走る気象予報士」石榑亜紀子さんが登場して、
「旅ラン」の紹介をしていました。
旅先を走るのはぼくも好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第46回 複素環化学討論会

Img_3625金沢で開催された第46回複素環化学討論会に参加してきました。経験豊富な先輩方とのディスカションで新たな研究活動に刺激をもらいました。学生も同様だったようです。来年は高知市で日程は10月26日(木)から10月28日(土)の開催とのことです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/01/2016

7月になりました

 今年から練習量を増やして、最近は計画的に練習できているので体重も落ちてきました。
 2006年の11月、文化の日から初めたNike+が8000kmをむかえます。Img_3483

去年の12月マウイ島のダイヤモンドヘッドを登っている時に6666kmでしたから、約半年で1333kmです。
この調子で今年の後半も元気に走って行きたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2016

第33回 富里スイカロードレース

2015-2016シーズン最後のレースで10Kの出場しました。
直前の練習ができていたので、去年よりも良いタイムが出るとは期待していましたが、
暑さに少しばててしまいましたが、期待以上の 39’03” でした。

中間の5Kは19’19”ぐらいで通過。この辺りは女子トップ集団3人組についていたので、ペースも安定していましたが、後半は暑さのためばててしまい、ペースダウンしました。

やっぱりスイカロードレースは楽しい大会です。
また来年も出場したいと思います。
Img_3478


Img_3480


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/15/2016

第36回 奥びわ湖健康マラソン 15K

前日の5月14日土曜日が京都で同窓会でした。研究室の皆さん、大変お世話になりました。
前もって宿を探したときに、京都市内にはなかなか見つからないなぁ〜、と思って大津市内の東横インに予約しました。
京都に来てわかったのですが、今日、15日は葵祭でした。どうりで宿が見つからないはずだ。

せっかく大津に宿をとったので、近くでマラソン大会でもないかと探して見つけたのがこの大会でした。
高槻に住んでいた時にマキノまでは行ったことがありましたが、マキノのひと駅先です。それなら行けるだろうということと、この時期のカラッとした空気の中でびわ湖畔を走るのも良いなぁと考えて、参加を決めました。

15キロという距離は良かったです。暑くなると距離が長いと厳しいレースになるでしょう。確実に走れる距離だったこともあり、結果的に良い練習になりました。

タイムの計測はチップを使わず、ランニングタイマーがゴール地点に置いてあるだけのおこしやすマラソンと同じ方式。
会場は永原駅の目の前。スタートは20分前に並びましたが、ほとんどストレスを感じませんでした。

朝の受付係や給水係などは地元の中学生が元気に務めていました。地元に貢献していると思ってくれたら良いことだと思いながら走っていました。
給水はスポーツドリンクだけで、水もあると良かったです。頭からかぶれないですからね。

きっと昔は地元の運動会のようなマラソン大会だったのが、最近のブームで参加者が増えたような全体の印象でした。
15キロの部の参加者は2200人余り。申し込みで町外、町内と別れているのですが、15キロ町内の申し込みはわずか9人です。
この町内とは旧西浅井町のことか、長浜市のことかはわかりませんでした。

ぼくの記録は59’45" (ぐらい) で27位でした。 50メートルほど前を女子の第1位が走っているのがスタートからずーっと見えていて、最後の1キロで詰めたのですが、結局抜けませんでした。折り返してペースアップした時に右脇腹に差し込みが来て、ペースダウンしましたが、最後に上げられたので良い気持ちでゴールできました。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2013

平和賞はOPCWに

昨日の文学賞の発表では,産経新聞からの誤報にびっくりさせられましたが,Nobelprize.orgからのTweetですぐに間違いだとわかりました。しっかりしてほしいですね。
今日は平和賞の発表でした。化学兵器禁止期間(OPCW)の受賞ということで,ノーベル賞らしい平和賞でした。ノーベル賞はそもそもダイナマイトの利益から生まれた賞ですからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«今日午後8時から文学賞の発表です