05/13/2018

第37回 八戸うみねこマラソン全国大会

八戸うみねこマラソン全国大会 
#1180 ハーフ40歳以上の部 1:24:40 5位/651人中

大会前日は仕事のため八戸到着は20時過ぎでした。
直前の一週間は雨が続いてあまり走っていなかったので、足に疲労は残っていなかったです。

当日の朝はホテルの朝食をしっかり食べて、体調は万全。天候も曇りで微風。
この時期にしては湿度と気温ば少し高めに感じたが、暑い時用にウエアを用意していなかったので、半袖ユニホームと七分丈タイツで走ることにした。シューズは最近レース用にしているソーティを着用した。

余裕を持って1列目からスタートできた。八戸のランナーは控え気味で、前方は空いていました。
スタート直後、抑えて入ったつもりが、5キロの通過は19:06と予想以上に速かった。6キロの登りで苦しくなり、集団から置いて行かれ、ペースを維持できずにズルズルと遅れてしまった。しかし追いつかれるランナーはなく、残り1キロ付近で39歳以下のカテゴリーの選手に抜かれたが、年代別5位でゴールすることができた。

飛ばして入ったので、すぐに苦しくなり、最後まで体を思いっきり動かして走ることができなかったというと悔しい思いもあるが、その中でもピッチを上げるなどしてペースを維持できて満足だった。

大会後は翌日から脚全体に筋肉痛があり、4日目まで全身に疲れを感じていたものの、体調は良くケガもなかった。

去年は雨で寒い大会だったが、今年は曇りでやや風があるぐらい。復路は追い風で暑いぐらいだった。良い位置からスタートでき、思いっきり走ることができた。表彰式を待っていたところ、4位の選手(#1393 平さん)から話しかけられ、翌週の奥州きらめきマラソンが控えているので、速い選手はハーフに出場していないことなどを教えてもらった。去年とタイムが同じなのに、順位が10位から5位に上昇したのか納得できた。

冬のレースと違って、走り込み不足や暑さのため、キロ4分で最後まで走れなかったのは残念だった。ただ、3月の外環道マラソン以来、短い距離ではスピードが出せるように感じている。
これを維持して、スイカロードレースでは37分台を目指したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/13/2018

第6回 古河はなももマラソン

記録:グロス:3:00:03、ネット:2:59:41 マラソン男子549位、 40~49歳117位

一週間前の外環道10Kで37:06と好タイムが出たのでスピードに心配はありませんでしたが、左ふくらはぎに疲労が残っていたのが不安でした。
Img_4750

スタート時の天候曇り、気温5℃、風はほとんどなし。睡眠もしっかり取れて目覚めも良かった。体調は万全。スタート前はひんやりした空気だったので長袖を着て行こうか迷ったけど、結果的には半袖 Tシャツで走ってちょうど良かった。手袋をつけて走りましたが、15キロで脱ぎました。シューズはソーティにした。

痙攣対策としてスタート40分前に塩タブレットを一つ食べて、200円で荷物を預けてから20分前にはスタートラインに並びました。
3時間を目指すランナーが多く、集団で走れたので、ペースがつかみやすかったです。22キロで左ふくらはぎに違和感を感じたので、ペースを落としてました。40キロでタイムを確認して3時間は大丈夫だと確信しましたが、スタートのタイムロスを把握していなかったので、グロスでのサブ3は全くわからない中でゴールを目指しました。結果はグロスでは3時間に3秒届きませんでしたが、ネットタイムでサブ3を達成できた。レース中の捕食は15キロでスポーツようかん、30キロでジェル、塩タブレットは14キロ、28キロ、35キロ。
Img_4751

体は最後まで動き、ピッチも落ちませんでしたが、両ふくらはぎの疲労感が大きく、一週間前のレースの影響が残っていたと感じながら走っていました。それでも今シーズンのフルマラソンでは脚へのダメージが一番少なかったです。うまく走れたときは、こんなもんですね。

コースは折り返しが多いもののフラットなコースで、記録は出やすいと感じました。道路は全般に広く、アップダウンも緩やかで気持ちよく走ることができ、人気の大会なのも頷けます。大会全体ではお祭りの要素はあまりなく、1万人を超える大会でありながらスムーズな運営に感心しました。

 サブ3目標の選手が多く参加していて、終盤になるにつれ応援が「3時間切れるぞ!」という声になり、40キロでLittle Glee Monsterの「Jupiter」が流れていたこともあり、クライマックスに力がみなぎりました。ちょうどその辺りで女子の先頭に追いついて、最後まで気持ちが切れなかったことも良かったです。
 それと、Kanさんの三回忌が近かったこともあり、途中でサブ3を目指して走っていたKanさんを思い出しました。ぼくがフルマラソンを完走しようと思い、練習を再開したのも約2年前で、Kanさんが亡くなる直前でした。勝手にKanさんの気持ちを感じて走っていました。
 練習を再開した時はサブ3なんてとても目指せるものではありませんでしたが、コーチ(ドナルド)の厳しい練習メニューをこなしていくうちに体重が減り、スピードも戻ってきました。最後にサブ3を達成したのは2006年の日比野賞中日豊橋マラソンで、それから12年。ゴール前では1999年旭川マラソンでの初サブ3の歓喜が蘇ってきました。どちらのマラソン大会も今はすでに開催されておらず、改めてとても長い時間が経ったのだと実感しました。

 マラソンの楽しさを改めて感じ、これからも楽しく走り続けていきたいと感じた節目のレースとなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2018

第14回浜松シティマラソン

静岡県の大会は(おそらく)初めての参加でした。

Img_4684

木曜日に刺激を入れたのですが、
たまたま気温が高かったため、
体がよく動きました。
調子は良かったです。

前日のうちに新幹線で浜松駅に到着すると
YOSHIKIのクリスタル・ピアノが展示されており、
生演奏が披露されていた。
気持ちが高ぶりました。

当日はホテルに荷物を預けて徒歩でスタート地点に移動しました。
他のランナーも同じように歩いているので、
迷わずに行くことができます。
控え室の小学校の体育館とアップ用の小学校のグランドがスタートや荷物預かりのすぐ近くで便利。気温が1℃ととても寒く、
仮設トイレの手洗い場の洗面器が凍結しています。
風も冷たく吹いていて、
荷物を預けてスタートラインに並んでいる30分間で、
温まった体がすっかり冷えてしまいました。
温暖な気候の地での大会を予想していましたが、
真冬の大会ですからね。
9時スタートでは寒くても仕方ありません。

Img_4686


Img_4687

2列目からのスタートで、
先頭がはっきり見える位置です。
初めは寒さと強い風のためペースがつかめません。
5キロに急な登りがあるため、
前半は無理をしないペースで前について行き、
追い風になる11キロ過ぎから体が温まってきて、
16キロから風に乗って追い込んだペースでゴールまで走りきることができました。

スタートが浜松市役所で、
前半は浜松駅前を含む市街地を走り、
ゴール地点の競技場を通過して、
航空自衛隊浜松機の周辺を走るワンウェイコースです。
5~6キロ地点に大きな登りがあり、
その前後にも起伏があります。
ワンウェイコースのため、
荷物の輸送があるので、
スタート前に時間がかかってしまうのはしかたないですね。
今回は預けるのにそれほど時間はかかりませんでしたが、
ゴール後の受け取りでは、
要領を得たスタッフがおらず、
ボランティアの中学生があたふたしていたため、
かなり待たされることになってしまいました。
改善が期待されます。

次のレースは2週間後。
外環道の10Kです。

ハーフマラソン #167 1:22:45
40歳代の部 19位


Img_4688

ゴール後、昼食のお店を探していたところ、
マラソン参加者生ビール一杯無料というお店を発見して、
お腹いっぱいになりました。


Img_4689


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/30/2018

第38回 館山若潮マラソン

ランニング雑誌の「クリール」で前年の記事を読んで参加したいと思っていました。前日までカーボローディングで炭水化物をたくさんとることができたので、エネルギー切れせずに最後まで走ることができました。


当日マラソン大会の臨時特急で8時頃に館山入りしました。気温がとても低く、ウエアをどうするか非常に悩み、上半身は手袋にアームウォーマー、アンダーシャツにTシャツ。下半身はハーフタイツの上にランパン。シューズはソーティーよりソールが厚いターサーにしました。

3時間未満のブロックからスタートし、初めの折り返し(約4K)で3時間のペーサーが見えるところにいたので、その集団を風除けのためについて行きました。

思ったほど風がなく、15Kまでに集団から離されたのですが、余裕があるうちに追いついておこうと思い、ペースを上げて20Kではその集団に追いついていました。

時折みぞれ混じりの弱い雨で、寒さのため脚が重くなり、痙攣の兆候も感じられたので、23Kぐらいから集団についていくのにこだわらず、終盤の登り坂も考えてマイペースで走ることにしました。

そのおかげで30Kからの坂は余裕を持って登り切りました。しかし坂を下った後、元のコースに戻る33K付近からさらに脚が重くなり、36Kから何度か痙攣のため立ち止まってストレッチしながらの走りになってしまいました。

39K以降は痙攣もおさまり、残り3キロは立ち止まらずに最後まで走ることができました。残り2キロでドナルドとプロトンの応援にも元気に応えてゴールできました。


寒さも脚が固まってしまった原因で、ロングタイツを着用するべきでした。寒かったことと脚が攣ったこと以外は体に痛みや不具合はなく、楽しく走れました。


特急電車の移動は指定席を取っておいてよかったです。行きも帰りもゆっくりできました。大会ではスタートに並ぶ誘導が適切でロスタイムなくスタートできました。

もう少し暖かくなると期待していましたが、冬のレースではしかたないですね。

30Kからの上り坂も脚を温存しておいたためが、それとも気持ちの用意ができていたためか、坂は心配していたほどではありませんでした。それよりも前半は細かなアップダウンがずーっと続くので、30Kまではゆっくり行くのが良いと思います。


最後に、館山駅周辺でお土産を買おうと思っていたのですが、あまり時間がなく、良いものが見つけられませんでした。会場で購入すればよかったです。

それと、レースの1週間ほど前に館山観光協会に電話して、当日の日帰り入浴できる施設を問い合わせしたのですが、タクシーで移動する必要があるところを紹介されました。帰りの特急があるので歩いて行けるところを紹介してほしいとお願いしたのですが、ありませんという返答でした。
しかし会場で受付をすると、コース沿いの「たてやま夕日海岸ホテル」で当日500円で入浴できる券がついていました。観光協会とマラソン大会のコンビネーションがイマイチでした。それでも駅前の観光協会の前で暖かい甘酒を提供していたんですけど。

全般的に楽しい旅行になりました。気持ちよく走れましたし、応援もできました。また来年も参加したいと思います。

DATA フルマラソン 40〜49歳の部 72位 #1904
5K 21:03 (21:03)
10K 42:20 (21:16)
15K 1:03:41 (21:21)
20K 1:23:54 (20:13)
Half 1:28:26
25K 1:45:12 (21:18)
30K 2:08:14 (23:02)
35K 2:31:19 (23:05)
40K 2:58:39 (37:20)
Goal 3:09:26


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2017

2018年2月4日 船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソン

2018_2

2018年の船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソンの要項が発表されていました。
日程は2月4日(日) 場所は日本大学理工学部 船橋キャンパス 総合交通試験路 です。
例年どおりの種目で、
1,5K 9:40 ファミリー宣言タイム制、1,5K 小学生低学年・中学生・一般
3K 10:00 小学生高学年・中学生・一般
5K 10:30 中学生・一般
10K 11:20 一般
になります。


参加料は一般1,500円、中学生 1,000円、小学生500円。
参加申し込み受付は東部・飯山満・薬園台・習志野台・三山市民センター 各公民館で、
1月12日(金) 18:00〜21:00と13日(土)、14日(日)の15:00〜18:00となっています。

今年は計測器が変わるのでしょうか? MX7 使用 と強調されていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/08/2017

2017 いわて北上マラソン

シーズン最初のフル。バタバタと前日夜8:30過ぎに現地入りしたので、緊張する時間もありませんでした。
朝の天気は霧。予報通り気温が上がりそう。
Img_4398


暑さ対策のため、見た目も水色で軽めのウエアを選び、痙攣対策に塩タブレットも多めに準備します。
スタートは朝8:30。ホテルの朝食が6:30からだったので、5時に起床しておにぎりを食べました。その後、ホテルの朝食で納豆ご飯を食べてから会場に移動。スタートまではゆっくりできました。Img_4404


コースを頭の中に入れていなかったのですが、序盤は下りだったので,設定よりも少し速いペースでもあまり気にせずに走りました。中盤は平坦なのですが、ちょっとしたアップダウンが続き、ペースを維持しようと力を使ってしまいました。25キロで左すねにわずかな痙攣と右かかとに靴擦れを感じ、だましだまし30キロを通過。37キロからの大きなのぼりで両太ももが痙攣し、立ち止まってストレッチし、脚を引きづりながらゴールしました。
補給は塩タブレットおよそ10キロごとに4個、16Kでようかん、31Kでジェルをとりました。

終盤ののぼりに脚を残しておけなかったのが敗因でした。前半から息が上がるようなのぼりがあったので,はじめから無理なペースだったのかもしれません。


Photo

フルマラソンエントリーが1200人程度で、スタート10分前に整列を開始。4列目からスタートでき、日比野賞中日豊橋マラソンほど選手は少なくないですが、あの大会を思い出させる理想のスタートです。北上駅から会場までの移動のバスでも全くストレスがなく、選手控室の体育館では更衣室とシャワー室が利用でき、荷物預かりに500円かかっても不満がありません。マスターズ全日本選手権ということもあり大会運営はすばらしく、2016年に国体を開催した競技場もとても綺麗でした。


1998年に岩手を離れてから、岩手県のマラソン大会に参加したのはこれが初めて。実に20年ぶりでした。良い思い出になりました。大学同期の智子先生が3カ所で応援してくれました。また、同じく同期の邦晃が関門の係員だということを電話で聞いていてくれたので探しながら走っていたら、15キロの第一関門で陸連の背広を着て立っていました。おかげでとても楽しく走ることができました。


マスターズマラソンM40 5位、マスターズ総合14位 #3202
5K 0:20:33 (20:33)
10K 0:41:02 (20:28)
15K 1:01:52 (20:51)
20K 1:23:29 (21:37)
Half 1:28:10
25K 1:44:16 (20:47)
30K 2:06:01 (21:44)
35K 2:29:24 (23:23)
40K 2:57:13 (27:49)
Goal 3:09:09

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/30/2017

254th ACS National Meeting in DCで発表しました

Img_4294
夏休みを利用してACS National Meetingで発表してきました。授業がある学期中は学生実験や講義のため、国内の学会ですら参加しづらいため、授業がない長期休暇で成果を発表してこようと思い、3月から準備してきました。

 出発の直前になって、今回の海外旅行に予定していなかった二つのイベントが追加されました。
(1) 8月21日にアメリカ全土で皆既日食
 DCでは午後1時から午後3時にかけて、最大80%程度の日食が見られることは日本の新聞にも特集されていました。直前だったため、日食メガネは準備できず。
(2) 出発の朝、荷物を抱えて成田に向けて準備している最中に、フロリダに住むfrun仲間のwandaがたまたまDCに旅行に来ているということをfacebookで知り、連絡をしたところ、21日の夕食でご一緒できることに。


Img_4200_2 そんな偶然があり、直前にバタバタしましたが、予定通りにDCに到着。その日(20日)は学会会場近くのMarriottでBadgeを受け取り、Whole foodsで夕食を買って終了。
 翌日(21日)は時差ボケ調整のため、学会の正式行事である、YCC fun run 5Kに参加。

 コインランドリーで洗濯して、ゆっくりしてから出かけると、日食が始まりました。
Img_4219
仕事中のお役人さんも建物の外に出て、みんなで空を見上げています。あとで地図を見たらTSAのビルでした。その中の一人が、日食メガネを貸してくれて、意図せずにDCで日食を観察することができました。
 夜はwandaとペルー料理を一緒に食べました。おそらく10年以上会っていなかったのに、facebookで連絡することができて、DCで一緒に食事して、いろいろな偶然と奇跡に感激した1日でした。

Img_4235
 DCでも日課の早朝ランニングで時差ぼけを解消しようと思いますが、日の出の時刻が6:40頃なので、5時に起きても真っ暗。でも日の出のワシントン記念塔を撮影しようと出かけると、リンカーン記念館には何人かカメラマンが構えていました。Img_4240_2


 学会は幕張メッセの1から4ホールを全部つないだほどの広い会場で、ビール飲みながら興味深い話を聞くことができました。またうちの発表にもたくさんの人が聞きに来てくれました。同時にいろいろな会場で発表があるので、選びぬいて聞くことになりますが、外国ということで刺激を強く受けますし、必然的に集中して聞いて来ました。やっぱり来て良かったです。

 授業があるため自由に学会に参加するわけにいきませんが、また日程が合えば海外の学会で発表したいと強く思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2017

第34回 富里スイカロードレース

恒例のスイカロードレースですが、今年は雨でした。Img_4030


自分なりにスピード練習を積んできましたが、10Kに合わせるにはもっと短い距離の練習を積むべきでした。1週間前の400mインターバルで、このような練習を2ヶ月前くらいから何回かこなしていればよかった。直前の1週間は走る距離を落として調整し、ケガなくスタートを迎えられました。

当日のスタート前は体が重く感じたのでアップを多めにしたかったが、雨のため十分にアップは取れなかった。スタート前にスイカを食べ過ぎたのも体が重く感じた原因の一つかもしれない。

スタートしてはじめの1キロ地点を3’40”ぐらいと速く入ったため、そのあとはイーブンペースに心がけた。2キロ地点で女子2番手に追いつき、さらに100mほど前方に女子の先頭の選手が見えたため、しばらく目標にして走り、6キロでその女子先頭に追いついた。しかし、7キロ地点以降は前半の速いペースがたたってバテてしまった。そのため9キロ地点の上り坂以降は何人かに抜かれてしまった。

息が上がってしまって、筋力的にはもう少しラストスパートで追い込んで最後まで走りたかった。しかしゴール直後はハムストリングが痙攣しそうだったので十分走れたと思う。ダウンは多めにとった。

レース前は七草マラソンの時の38分台前半の記録を目指していたが、気候もコースも違うので、思うような記録は出なかったのは仕方ない。10Kの記録は気候が良くフラットなコースで狙いたい。

ゴール直後に江戸一RCの選手がぼくが着用した美走Tシャツの「美走ならしのRC」の文字を見つけて話しかけてきてくれた。習志野に住んでいるということで練習に誘ってみた。ピンクTシャツの宣伝効果がありました。

記録:38:49(グロス)、38:39(ネット) 種目別 46位/2903人

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2017

第36回 八戸うみねこマラソン全国大会

ドナルドの地元八戸で初めてマラソン大会に出場しました。Img_3997
一週間前の5000m TT、50Kマラニックの疲労が残らないように、ランを減らして大会に体調を合わせました。それでも前日には全身の疲労感がありました。

当日は心配していた雨は小雨となり、傘がいらない程度でしたが、海からの強い風が不安要素でした。それでもこの一年間でフルを3本走ったので、ハーフなら最後まで自分のペースで走りきれる自信はありました。

クネクネと曲がる前半のコースでは先頭が見えるのでやる気が出ます。港から急坂を登って種差海岸に向けて走る海岸線に出るとアップダウンと風が厳しかったものの、重心がぶれないように体を動かせました。折り返してからは追い風基調となり、単独走で少しずつ前に追いつきましたが、この大会の参加選手はみんな速くて、ペースダウンする選手が少なかったです。10Kの折り返し地点(残り5K)からは42分後にスタートした10Kの選手と同じコースになるため賑やかになりますが、コースが狭く感じるほどではなかったです。すぐに10Kに出場していたドナルドも追い越せました。最後は港の広い道路を追い風に乗って気持ちよく走ってゴール。後半思っていたほど順位は上げられませんでしたが、前日までの疲労感を感じずに走りきることができました。

走った後は速いペースで長い距離を走ったので、股関節や脚全体に疲労を感じましたが、故障に繋がるような痛みはありませんでした。

結果的に涼しい気候で思いっきり走ることができました。1月の千葉マリンマラソンより1分以上遅いですが、スピードに関してはかなり追い込んで走ることができたと思います。

うみねこマラソン大会は毎年GW後の週末に開催されていて、過去の大会の気温を見ると今年が特別寒いわけではなく、もっと寒い年もあるようでした。アップダウンがあるコースですが、国定公園となった蕪島と種差海岸を走るのは気持ちが良いです。もっと天気の良い時に来てみたいですね。

記録:1:24:52(グロス)、1:24:47(ネット)種目別10位/674人
km time lap "pace(min/km)"
5K 0:20:24 (20:24) 04:05
10K 0:40:40 (20:16) 04:03
15K 1:00:41 (20:01) 04:00
20K 1:20:32 (19:51) 03:58
Goal 1:24:52 (04:20) 03:56

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/28/2017

第36回 佐倉健康マラソン

 学会や卒業式が重なる日程のため,千葉に来てから一度も参加のチャンスがなかったのですが,ついにスケジュールが合ったので申し込みました。
Img_3849

 2週間前に喉を痛め、それがもとで風邪をひき、直前の追い込み練習はせずに休養しました。また年度末ということもあり,直前1週間で宴会がつづき,特に前日は卒業式で謝恩会のため帰宅が夜10時になり,大会前日というのに落ち着いていられない状況でした。

 天気予報では雨ということで覚悟はしていましたが,スタート直前に降り出しました。雨のため周囲がよく見えず,2:55のペースメーカの集団について走っていきましたが,15Kの急な登りで少し集団から遅れました。しかし少し遅れて走ったほうが周囲が見渡せて余裕をもって体を動かすことができたのは良かったです。それでも23Kでペースについていけいず,少しペースに落として走ったのですが,脚全体が冷えてしまって30Kから両足の痙攣が継続的に起こり,歩きが入ってしまいました。

 結果として,直前の体調,当日の天候を考えてペース配分するべきでした。それでも年度末の大会を完走して一年が終わった感じで,ゴールした後はほっとして打ち上げに参加しました。Photo

 このコースは前半にアップダウンが多く15Kにとどめのきつい坂があります。前半に体力を使ってしまうと18Kからのフラットな部分で気持ち良く走れないと感じました。低温で雨の中,歩くところもあったけれど完走できたのは良かったです。寒い中応援に来てもらったのはとても嬉しかったです。今年度は3本フルマラソンに参加しましたが,応援があったのははじめてです。少し休んで次の秋にまたフルマラソンに挑戦したいですね。

5K 20:26
10K 41:00 (20.34)
15K 1:01:44 (20:44)
20K 1:22:42 (20:58)
Half 1:27:24
25K 1:43:36 (20:54)
30K 2:07:22 (23:46)
35K 2:40:32 (33:10)
40K 3:16:37 (36:05)
Goal 3:35:29 (18:52)
総合順位:918位/種目順位292位


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«Nike+ Run Club 10000 km