« February 2004 | Main | April 2004 »

03/22/2004

センバツ開会式行進曲は本当にふさわしいのか

明日から春の選抜高校野球、センバツが始まる。いつからか21世紀枠だの希望枠だのができて、地方予選から一度負けたらおしまいの夏の高校野球との差別化が進んだ。選抜のメリットが強調され、興味を持って高校生を応援出来るようになったのはいいことだと思う。

そしてセンバツは、その時期に流行した歌を開会式の入場行進曲に採用し、毎年注目を集め続けている。はたして行進できるのか?と思われるようなスローテンポの曲でもマーチにアレンジしてきた。

その今年の行進曲は昨年の紅白、一番最後に歌われた「世界に一つだけの花」である。最近は騒がれなくなったが、この歌が選ばれたときは、いろいろなメディアで賛否両論、飛び交っていたと思う。

問題となったのはもちろん、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」という有名なさびの部分。ぼくはこの歌詞を個性を重視するポジティブな歌だと思っている。
新聞で見かけた否定的な意見は、優勝を目指す選手たちが「ナンバーワンにならなくてもいい」のか、チームプレーが欠かせない高校野球で「オンリーワン」でいいのか、というもの。全くその通りである。選手たちの一所懸命なプレーを応援したいし、優勝を目指して流す汗と涙で感動したい。でも当然、個性を野球で表現するピッチャーやスラッガーがいてもいいわけで、ぼくはナンバーワンだの、オンリーワンだのにこだわらない。

それよりも重大な問題がこの歌にはある。それはこの歌の作詞作曲者である。かつて覚醒剤での逮捕歴があるアーティストが作ったこの曲で高校生を行進させていいものか。最近、覚醒剤への抵抗が薄れ、若者の覚醒剤乱用が社会問題化しているというのにだ。このアーティストが逮捕されたのは、はっきりと覚えていないが5年ほど前のことだったろう。麻薬、覚醒剤の犯罪者ははこれだけの期間で許されるものなのだろうか。
仏教国が多いアジアの各国において、麻薬、覚醒剤による犯罪は最悪の場合極刑となる。犯罪の中でもきわめて重い犯罪である。そのような犯罪者が一時期身を隠したのち、自らが歌いにくい状況なら、アイドルグループに歌ってもらい、音楽活動を続けていく。本当に社会的に許されたのか。そして許していいのか。そのような状況ではつらつと野球をする高校生の行進曲にふさわしいのか。この歌を耳にするようになってから、この歌詞とアーティストが重なって仕方ないのである。「おまえ、よくそんなこと言えるな」と。

大体、大会運営者側も本当に高校生にふさわしい歌なのか考えての選曲なんだろうか。そこがわからない。ただ、流行っている歌、売れている歌だからという理由で選んだだけなら非常に悲しい。

ぼくはこの行進曲の裏にあるものが引っかかってならないまま、明日のセンバツ開会式の入場行進をニュースで見るだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/19/2004

アテネオリンピック女子マラソン選考

高橋尚子が外されたことに対しての抗議が、マスコミ、一般人を問わず盛んに行われているようですね。
4年も前の世界チャンピオンが今現在も日本一だとは限らないのに、高橋のオリンピック出場を熱望している人の多いこと。
高橋のスポンサー契約している会社の方々でしたら、それはそれは悔しいと思います。でも会社の方は今世間で話題なっているような手荒い抗議はされないでしょう。スポーツにお金を出してくれるような会社なんですから。

これまでのオリンピック選考が、過去の実績を重視してきたため、その都度問題を引き起こしてきたのはいう間でもありません。瀬古しかり、有森しかり、です。
そんなこれまでの苦い経験を、同じ轍を、陸連は踏むまいと、今回の選考では実績よりも選考会の結果を重視した、とも考えられます。なのでぼくは今回の選考に関しては非常にすっきりしたものだと思いました。パリ世界陸上という夏の世界選手権で銀メダルを取った野口は、やっぱり当然実力があるし、内定して当然だと思います。坂本、土佐も自分が決めた選考レースでしっかりと結果を残したことは見事ですし、やっぱりオリンピックでは失敗されては困るのです。「これ」と決めたレースでしっかり走れるという事自体が、オリンピックで活躍する可能性を秘めていると思います。

しかし高橋は、自分で選んだ選考レースで失敗しました。いくら暑かったとはいえ、暑いなりの勝つための手段をとれたはずですが、負けました。あのような、市民ランナーでもよく起こすような見事な失敗レースを見せつけられると、オリンピックでも調子を合わせられなくて…、と思わせてしまいます。

選考レースで、「アテネでメダルを狙える選手」をしっかりと選んだ陸連の英断に敬服します。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

03/09/2004

HPを更新

ちょっと時間があったので、はや&ドナルドのページのRunningを中心に更新作業。
その作業中もウイルスメールが頻繁に届きます。Macから見ると、ダブルクリックしても開く事もできない添付ファイルがついているんですから、うっとうしいったらありません。

皆さん、気をつけましょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/06/2004

淀川を走ってきました

今日は寒くて風が強かったですが、今週はあんまり走っていなかったので、ちょっと長目に走りに行きました。
いつもは安威川の左岸を走るのですが、今日は安威川駅伝の会場で右岸にわたってからずっと下って、モノレールまで行ってからモノレール沿いに淀川まで。
淀川右岸をひたすら北上。西日が背中から差して、堤防の上は見晴らしもよく、気持ちよかったです。
淀川新橋からは一度ドナルドと走った事があったので、適当なところで淀川をそれて三箇牧小学校前を通過してから迷子に(汗)。
適当に走っていると、玉川団地に出て、茨木のユニクロ発見。ここは来た事があります。この辺りはまっすぐ道路を走っていても、高槻市だったり、茨木市だったり、また高槻市だったりと、市境が入り組んでいます。

もうこの辺りでは真っ暗でしたが、そこからまた適当に、多分北だろうという方向へ走って行くと如是川に出ました。
ふぅ。なんとか帰って来れました。

途中、淀川を走っていると、公園の案内板に「陸上競技場」を見つけたので、探してみましたが、堤防の上からは見つけられなかったので、案内板通り野球場の先に行くと、そこには総天然芝の陸上競技場が!!
トラックもフィールドも天然芝で、周りの芝生と一体化していました。だーれも使っていないみたい。半周してみましたが、1周400メートルはありそうでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

03/03/2004

高岡欠場

高岡選手記者会見

脚の状態ががよくないということと、オリンピックで金メダルを狙うために、びわ湖を欠場することとなった高岡選手。先日記者会見を開きましたね。
マラソンネタははや&ドナルドのマラソン応援しよう!でも議論していますので、コメントはそちらによろしくお願いします。

結果的に、高岡選手は高橋尚子と同じ選択をした、といえるでしょう。過去の実績を盾に選考レースの失敗を跳ね返そうという作戦です。確かに陸連は高岡選手、高橋選手を選びそうです。男子も女子もあと一枠、女子は坂本選手に代わるような成績を名古屋で求められているでしょう。マスコミはのこる一枠を「高橋尚子」か「名古屋の一番」か、と予想していますが。

高岡欠場で男子も混沌としたように見えますが、実は陸連としては選びやすくなったかもしれません。

何はともあれ、今週末のびわ湖、来週の名古屋、そして、3/15には代表が決定します。誰が選ばれるのか、楽しみましょう。

| | TrackBack (0)

03/02/2004

問題の養鶏所との直線距離を測る

市町村GPS位置情報 & 直線距離方位角計算 YUME NET ALL JAPAN いちごねっと

丹波町で鳥インフルエンザが大騒ぎになっています。地球規模で広がっているこの鳥インフルエンザですが、この丹波町の件は、責任のある立場の人間の行動の問題へと移ってきたように思います。自分の仕事はどうなのかと、自分の襟を正す思いでこの成り行きを見ています。

ところで、ぼくの今の住まいは丹波町からそう遠くない距離だろう、と気になりました。なにせ30キロ以内の鶏,あひる,うずら及び七面鳥並びにそれらの死体並びに高病原性鳥インフルエンザの病原体を広げるおそれがある物品の移動が制限されているのです(スーパーの卵は、関係ないんだろうなぁ)。30キロ以上離れているのか気になります。そこで直線距離が測れるサイトを見つけました。

このサイトではあらかじめ全国の市役所、役場が登録されていますので、大まかな市町村間の直線距離を知ることができます。さらに経度、緯度がわかれば、もっと詳しい直線距離、方角が分かります。現在いる場所の経度、緯度はGPSを使うとすぐにわかるでしょうが、目的地の経度、緯度を地図上から探すサイトはないでしょうか。
と思ったら、Yahoo! Mapsでも、MapFanでも目的の場所を地図に表示したときのURLにその数値が入っていました。例えば、京都の東寺五重塔ですと、E135.45.3.5 N34.58.39.0がURLに含まれていました。

さて、問題の農場付近とはやの現在の住まいの直線距離はどうだったのか。
それぞれの数値を地図上からゲットして入力した結果、37.58kmでした。

こんなことを測定しても、うちでは鳥なんて飼っているわけではないのですが、ちょっと安心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/01/2004

祖父逝去

再開してから毎日続けていたこの「きまぐれ日記」ですが、きまぐれの本領発揮といいましょうか、ちょっとの間お休みして、実家の北海道に帰省していました。
昨年末から病気療養中でした祖父が肺がんのため、平成16年2月25日に死去しました。数えで91歳。肺がんというものの、天寿を全うしたものと思っています。母方の祖父でして、母も頻繁にお見舞いにいっていたようですが、入院してからの介護におじさん、おばさんにはたくさんのご苦労があったものと思います。
大阪の新聞には著名人のみおくやみ欄に名前が載りますが、道新では全道の一般市民まで載るので、うちの祖父も、名前だけですがでていました。でも、メモリアルとしてネット上にも祖父の思い出を残しておこうと思います。

祖父は福島県出身。五男として大正3年に生を受け、先に入植していた兄を頼って、端野町に来たそうです。渡辺淳一の「遠き落日」の中にも、猪苗代に住んでいた野口英世の弟が父と一緒に野付牛(現北見市)に入植したという記述があるので、この時期福島県からたくさんの開拓団が北見市一帯に移住してきたのでしょう。
その後キミエと結婚し、現在の北見市に分家。5人の娘に恵まれて、85歳まで農業に従事したそうです。

はやの印象に残っている祖父は、祖母と一緒に国鉄のフルムーン割引切符を使って、全国どこでも旅行に行ってました。中でも、はやが小学生のときには、北海道の長い冬休みを利用して、一緒に青函連絡船を使って、東京と福島へ旅行に行ったことを、はっきりと覚えています。池袋のサンシャイン60が開業したばかりでした。上野動物園もいきました。パンダは隠れていて見られなかったけど。
上野から福島への特急があるべきはずのホームに見つからず探していると、途中切り離しの特急のため、行き先表示が前方車両と後方車両で違っていて、発車ぎりぎりにそれに気づいて列車に乗って福島へ行きました。
福島ではあぶくま洞、常磐ハワイ(現スパリゾートハワイアンズ)に連れて行ってもらいました。祖父の実家の裏には竹やぶがあり、竹が珍しい北海道から行ったはやには、その竹やぶがやけに印象に残っています。竹やぶ越しの道路では成人の日だったか日曜日かの休日で、市民マラソン大会が行われていました。

どこにでも自転車で出かける祖父で、片道10キロぐらいはいつも自転車をこいでいました。元気な印象しかなく、その元気なところが災いしてか、ガンの進行は年齢以上に早かったそうです。

じいちゃん、いままで楽しい思い出をありがとう。どうぞ安らかに眠ってください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »