« April 2004 | Main | June 2004 »

05/29/2004

陸上 日本選手権チケット完売!?

第88回日本陸上競技選手権大会兼アテネオリンピック予選会

来週の金曜日、6/4はドナルドの応援で鳥取に行くつもりをしてまして、今日は特急の切符を買ってきました。
しかしカゼさん情報でローソンチケットで手に入るはずだった日本選手権のチケットが買えなかったということなんです。実際にローソンチケットのホームページで探してみても、日本選手権のチケットは取り扱っていません。Lコードは64508のはずなのに。ひょっとして1週間前で取り扱いをやめちゃうんでしょうか?
上の鳥取陸協のHPでは「購入方法:大会事務局まで直接お越しください。」となっています。前売りは終了で、あとは当日売りますよ、ということなんでしょうかねぇ。

ホテルもまだだし、本当に日本選手権に行けるのかぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

05/27/2004

Chicago

図書館の新着図書の棚に映画「Chicago」のDVDが並んでいました。アカデミー賞も取っている作品ですから、2年ほど前に劇場で公開しているときから気になっていました。でも、その時は観る機会がなくて、いつかレンタルで借りようと思っていたのでした。
そのChicagoが図書館に並んでいたので、すぐさま借りました。

うーん、映像はよくできてますよね。どっちがどっちなのかわからなくなるような映像ですが、よくできていると思います。最後シーンで後ろからライトを当てられて、逆光の主人公がステージに上がるシーンはかっこいいですね。でも、ぼくはストーリーが好かなかったです。

最近はこんなDVDがレンタルではなくて、図書館で借りられるんですよ。いいでしょう。

ところでChicagoと言えば、アメリカ一高いシアーズタワーがある、ミシガン湖のほとりの、イリノイ州のシカゴですが、ここで10月の始めにシカゴマラソンが開催されています。きまぐれは2001年のシカゴマラソンに出場しました。そのときに3泊4日の日程でシカゴをまわりました。
1日目は車と飛行機でシカゴ入り。2日目はシカゴ探検とマラソン受付。3日目がマラソンで4日目は飛行機で帰ってきたのでした。
バスの運転が乱暴だったり、ジェットコースターみたいなLoopに乗ったり楽しい旅行でしたね。
マラソンでは受付会場から帰ってくるときのシャトルバスでローナ・キプラガットのすぐ前に座ったり、ヌデレバが世界新記録を出したレースで思い出深いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/24/2004

くろしお通信の大森 1万メートルの五輪A標準突破■

高知新聞ニュース■くろしお通信の大森 1万メートルの五輪A標準突破■

日曜日は盛岡に行っておりまして、一日遅れて日曜日の朝刊を読みました。ゴールデンゲームズでの福士加代子の国内最高記録樹立よりも、この男子10000mA標準突破に目を奪われました。

先月の兵庫リレーカーニバルで、くろしお通信の松浦監督が、「マサシのような海外選手に理想のペースを作ってもらって走れば、日本人選手のA標準突破もすぐにできる」ということをおっしゃっていたのを思い出しました。

してやったりですね、松浦監督。

日本選手権では記録よりも勝負をねらう展開になりがちですから、次のA標準突破が期待できるのは、ホクレンディスタンスチャレンジ深川大会かな?
ふれっぷさん、楽しみですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/18/2004

薬学6年制へ

「薬学6年制ついに実現」改正学校教育法が成立

薬学部の6年制変更を主とする改正学校教育法が、先週参議院でも可決され、2006年4月(平成18年4月)から一部の薬学部で6年一貫教育の過程が始められることになります。
なぜ、一部の大学かというと、今回の改正では4年制と6年制の両方を認めるという改正になっているからです。

あわせて、「薬剤師法改正案」も参院通過しています。こちらでは薬剤師国家試験の受験資格を改正し、6年の過程を修了した学生に受験資格を与えるようになっています。

これから様々な混乱があるかもしれませんが、薬学部6年制は、もう2年後の入学生、今の高校2年生が受験するときには始まるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/17/2004

北大で朝ラン

本当に久しぶりに北大構内を走りました。
土曜日から会社の旅行で北海道に来ていたんです。さっき戻ってきました。
ほとんどぼくがガイド役でしたけどね(笑)。

この旅行でで唯一、自分の時間をとれたのは今朝の朝ランでした。札幌のラン仲間、NAOJIさんといろんなお話をしながら、約60分のジョギングです。ありがとう、NAOJIさん。次の5キロのレースもがんばってくださいね。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

05/13/2004

Mac OS X狙う新ウイルス、P2Pで感染拡大

ITmedia PCUPdate:Mac OS X狙う新ウイルス、P2Pで感染拡大

ITmedia PCUPdateにMacOSXを狙ったウイルスの情報がでていました。
このウイルスは「AS.MW2004.Trojan」という名前で、P2Pネットワーク「Gnutella」を介して感染するということですから、Gnutellaのサービスに接続する方は必ずウイルス対策をしてくださいね。きまぐれはGnutellaというサービスを使ったことがありませんので、よくわかりません。

感染すると、ホームフォルダ内のファイルが消去されるということです。

詳しくはPCUPdateの記事をご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2004

殺人バチ(スズメバチ)の警戒信号用フェロモン

この記事は化学と工業、第57巻、第5号、534ページより引用したものです。

ハチに刺されて死亡する事故は毎年20〜40人の報告があるようです。これからの行楽シーズンには注意しなければならない事故ですね。山の中を走り回るときも、要注意です。

そのような中、世界最大級のスズメバチである、「オオスズメバチ」の毒液から「警戒信号用フェロモン」を抽出し、化合物を同定した報告がありました。(M. Ono et al., Nature, 424, 637, 2003.)

この抽出液の揮発性成分は2-ペンタノール(2-pentanol)、3-メチル-1-ブタノール(3-methyl-1-butanol)、1-メチルブチル-3-メチルブタノエート(1-methylbutyl-3-methylbutanoate)でした。これらの揮発性物質がどのような機構で警戒信号用フェロモンとして働く仕組みの詳細は省略します。興味のある方は原著をご覧いただきたいと思いますが、重要なのは、2-ペンタノールと3-メチル-1-ブタノールはりんごに含まれ、バナナに至ってはこれらの三成分とも含んでいるということです。

山へお出かけの方は持ち物に注意してくださいね。あなたが食べているそのバナナが、ハチを呼び寄せているかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

05/11/2004

年金って払っただけ受け取れるわけじゃないの?

せっかくくりりんから話題をもらってきたので、トラックバックしておこう。

年金のお話ですが、ネットには年金がいくらもらえるのか調べられるサイトがあるんですね。

マネー相談室
年金シミュレーション
年金見込額試算

年金の計算式というのは複雑のようで、こんなシミュレーションがあると便利ですね。でも、いろいろやってみて思ったのですが、これまで国民年金や厚生年金に納めてきた年金の額は、将来給付されるだろう年金には全く関係ないんですね。てっきり納めてきた金額相応の年金をいただけるものだと思っていました。

こんな複雑な年金の仕組みを作った政治家がおさめていないんだから、納めない方がメリットあるのかなぁと思ってしまいますよね。納めるけども、節税ならぬ、「節社会保険料」ができるなら、いろいろと工夫して、今もらっておいた方が得なのかも。それも、将来もらえる額は、今納めている額には関係ないなら、なおさらね。

年金に詳しいブログを探してみようか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2004

ラジオ深夜便 ホノルルマラソン

昨晩のラジオ深夜便、サンデートークはホノルルマラソンのお話でした。お聞きになった方もいることでしょう。

お話の内容は、「ホノルルマラソンはこんなにすごいんだよ」という、まるでホノルルマラソンの宣伝番組でしたね。
ゲストの二人はともに初マラソンがホノルルマラソンだったという方で、相当ホノルルマラソンにのめり込んでいるようでした。「日本にはこんなマラソン大会はないけど、どこかで町おこしをかねてやってみてもいいと思う」と、ホノルルマラソン宣教師のようでした。制限時間のない、初心者大歓迎のお祭りマラソン。日本でもできるでしょうかねぇ。

このお二人ともに、日本のマラソン大会には辟易しているようでした。その最大の理由は制限時間があること。ゴールだけじゃなくて、途中の関門の制限時間もホノルルにはないのだそうです。知りませんでした。この制限時間は国民性によるものではないか、とゲストの方はしゃべっていました。有名校に入って、一流企業に入社して…、一般生活に制限時間と同じ「壁」があるじゃないですか、というお話です。
ははぁ〜、ときまぐれは膝を打ちました。こんなこと考えたこともなかった。やっぱりゆっくり走る方はすごいなぁと、改めて思いました。

日本人が大挙して参加するホノルルマラソンですが、きまぐれはいろいろなところから伝え聞く、様々な「参加選手のマナーの悪さ」ばかり目にとまっていました。でもホノルルはそれを許してくれる、心の広いマラソン大会なんだと思い直しましたね。

ぼくもいくらか、海外マラソンの経験があるので、わかるところもあります。おおらかな雰囲気はみなさんに一度経験してほしいと思います。沿道の人々と一緒に楽しんでいる気持ちになり、「マラソンを走れる体でよかった」と、幸福な気持ちになれますよ。

ラジオ深夜便についてはいろいろと書きたいことがあるのですが、今日はこれまで。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/07/2004

鰹だしの疲労回復効果

この記事は化学と工業、第57巻、第5号、522ページより引用したものです。

鰹は海中を時速30〜100 km/hの高速で一生泳ぎ続ける回遊魚です。休みことなく泳ぎ続けることから鰹には何らかの疲労回復物質が含まれているのではないかと考えられています。鰹の身に多く含まれるアンセリンカルノシンが疲労回復能力に関係しているのではないかと考え、その作用をマウスを使って検討しました。

まずマウスを疲労させるには強制歩行運動装置(回転式トレッドミル)で5時間強制歩行運動させます。そのあと、
(0)「蒸留水」(対照)
(1)「アンセリン溶液のみ」
(2)「カルノシン溶液のみ」
(3)「鰹だし溶液」
をそれぞれ投与しました。もちろん鰹だし溶液は自然の鰹からの熱水抽出物なのでいろいろな成分が混ざっています。

これらの溶液を経口投与し、その後1時間の自発運動量を見ました。
その結果、(1),(2)は(0)とほぼ同じ運動量でしたが、(3)は3倍以上の運動量で、明らかに有意な差が見られました。

また肝臓中のATP/AMP比も(3)のグループは疲労回復効果があることを認めました。ちなみにカフェインを投与しても自発運動量は回復するが、肝臓中のATP/AMP比は回復しないということです。

一日の疲れは夕食のみそ汁でとれる、ということかもしれませんね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

05/05/2004

エクスプレス予約

このゴールデンウィークはドナルドの応援のため東京に出ました。この時期はJRの特急券でいう繁忙期に当たるため、いつもの回数券は使えません。
そこで、最近JR東海が宣伝している「エクスプレス予約」にトライしました。

このエクスプレス予約をするにはクレジットカードの契約を済ませなくてはいけません。年会費も1050円かかりますが、2ヶ月で退会すれば会費は取られません。繁忙期に一度使ってみたい方も、手間はかかりますがやってみる価値はあると思います。使い勝手はいいですし、お得感も大きいです。繁忙期に一往復すれば元はとれますよ。

これを使って思ったのが、遠距離の切符を買うときに「みどりの窓口」にならびますが、多くの場合、待たされるということ。そしてそのみどりの窓口の隣に多機能の自動券売機がたくさん設置されていることです。これら多機能自動券売機はほとんど人が並んでいませんし、ターミナル駅ではたくさん用意されています。最近近所の小さな駅でも「みどりの券売機」なる新幹線と特急の指定席が取れる券売機が登場しています。

便利な機械がどんどんが登場しています。機械で済む人は機械を使いましょう。みどりの窓口はそれでもいつも並ばされてイライラしている人が後を絶ちませんから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »