« コンビニ弁当にビックリ! | Main | ビデオ上映会と2004年 走り納め »

12/29/2004

MRIのクエンチ事故

Yahoo!ニュース
- 東北 - 河北新報

病院での診察機器として一般的になったMRIですが、その爆発事故があったようです。
MRIは超伝導磁石を用いているため、その本体内部は超伝導状態を保つために液体ヘリウムが大量に入っています。液体へリウムの温度は-269℃(4K)です。
超伝導状態が保たれている場合は電気磁石の電気抵抗は0ですから、延々と電気が流れ、コイルで磁場を生じています。その磁場をMRIは活用しているのです。

しかし、いったん超伝導状態が崩れると、電気抵抗が生じ、温度が上がり、液体ヘリウムは簡単に沸騰し始めます。これらを総合して「クエンチ」するといいます。ヘリウムがいつの間にか空っぽになっていた場合などは突然ヘリウムが沸騰することなくクエンチしてしまうこともあります。

しかし、今回の事故ではMRIを廃棄するときに、意図的にクエンチしようと作業していたようです。その作業を行っていた三人がMRIを急にクエンチしてしまい、ヘリウムが爆発!。
「マニュアルがあるのは知らなかった」とコメントしているのは信じられません。初めて作業するにしてもまず装置のクエンチから会社側は教えているはずです。柔道ではじめに受け身を習うように。

死者が出なかったことが不幸中の幸いですが、こんな作業員なら作業中に窒息しかねません!猛省していただきたい。

|

« コンビニ弁当にビックリ! | Main | ビデオ上映会と2004年 走り納め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17275/2408054

Listed below are links to weblogs that reference MRIのクエンチ事故:

« コンビニ弁当にビックリ! | Main | ビデオ上映会と2004年 走り納め »