« 災と十大ニュース | Main | 中島みゆき 『 夜会VOL.13「24時着 0時発」 』 »

12/20/2004

第35回防府読売マラソン

防府読売マラソンに参加されたみなさんお疲れさまでした。こちらではテレビ中継が日曜深夜でしたので、月曜日にようやくそのビデオを見終わりました。
すごいレースでしたね〜。前半は今年から採用されたペースメーカーの働きでみごとなラップを刻んで進みましたが、ペースメーカーが外れる25キロからが見所満載で、最後まで誰がかつかわからない展開でしたね。最後は解説の伊藤国光さんがおっしゃっていたように、五十嵐選手に勝ってもらいたいと思って、終盤見入ってしまいました。今にも倒れそうな前傾姿勢で、つんのめって走る五十嵐選手の最後の1キロは、とても長かったに違いありません、お疲れさまでした。びわ湖に出場する予定だと言うことでしたが、ぜひとも粘りのレースをもう一度見せてもらいたいです。また、遅れても先頭に追いついた渡辺選手の3回ものトイレは残念だったに違いありません。

マラソンはスタートラインに立つまでの練習、そして調子をいかに合わせるかで勝負がついてしまう要素があります。中にはスタートラインにすら立てない選手もいるわけですが、このレースではその難しさを改めて見せられました。

と、ここで、先月の東京女子マラソンを思い出しました。東京のコースは最後の上り坂があるので、前半飛ばしていった選手も終盤にもつれることがよくあるのですが、今年は40キロで4人の先頭争いになり、劇的なレースでした。

大阪やびわ湖のコースで終盤もつれるということは考えにくいですが、今シーズンも世界陸上の代表がかかったマラソンは盛り上がりますね。

|

« 災と十大ニュース | Main | 中島みゆき 『 夜会VOL.13「24時着 0時発」 』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第35回防府読売マラソン:

« 災と十大ニュース | Main | 中島みゆき 『 夜会VOL.13「24時着 0時発」 』 »