« 高橋、9月に米でハーフマラソン出場 | Main | 空港バス値上げ! »

08/24/2005

ギター弾きの恋

B00005Q82H
ウディ・アレン特集でもあったのか、よくわからないのですが、BSで放送されて録画しておいて観ていなかった、「ギター弾きの恋」をお盆休みに観ました。第二弾です。
女遊びの派手なギター弾き、エメットを伝記的に映画にしています。見た目の派手さとは裏腹に、ナイーブなところがあって、自分に正直になれないエメットをうまく演じていますよね。コミカルなところもあり、ジーンとくるところもあり。
ウディ・アレンの映画をこれまで意識して観たことがなかったのですが、なかなかおもしろいですね。人気があるのもわかります。

|

« 高橋、9月に米でハーフマラソン出場 | Main | 空港バス値上げ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17275/5618388

Listed below are links to weblogs that reference ギター弾きの恋:

» 「ギター弾きの恋」 愛を伝える [映画のセリフで口説いてみない?(男性版)]
1930年代のシカゴ。エメットは才能に恵まれたジプシージャズのギタリスト。音楽に身を捧げる一方、娼婦の元締めという顔をもつ。女遊びにも目がなく、自堕落な生活を送っている。ある日、ニュージャージで、口のきけない女性八ティと出会う。二人は付き合うようになり、同棲... [Read More]

Tracked on 11/01/2005 at 06:03 PM

« 高橋、9月に米でハーフマラソン出場 | Main | 空港バス値上げ! »