« ゴール | Main | 続・走り続けるために »

10/17/2005

第24回マキノ健康栗マラソン

2年ぶりに走ってきました。携帯から速報で結果をアップしましたが、詳細についてまとめておきます。

朝7時過ぎにマキノ駅に到着。駅前からのシャトルバスで7時20分には開場に到着です。
受付も済ませてセンターハウスで休もうと思うが、今年はセンターハウスがしまっていました。午前9時開店まで開けてくれませんでしたね。

マキノ町は今年1月に高島市に合併。合併に伴ってマラソン大会が中止になる中、この大会は残ったようでうれしいですね。道路標識には「高島市マキノ町」と新しい地名が書かれていましたが、多くの看板はマキノ町のままでした。

さて、frunからRさんとMさんが参加の予定でしたが、お二人とも欠場ということで、京都のつち丸さんのシートにお邪魔させていただきました。アップもとってスタートラインに並ぶと高槻の前川さんとばったり。意外と知り合いが参加しているものです。

かつての完走記を読み返して、最初の下りを飛ばしすぎないように気をつけようと注意してスタートしました。最初の2キロが7:27。まずまずです。3キロで対岸のサイクリングロードに入ると向かい風が強く、集団についてペースダウン。しばらく我慢です。5キロは19:13。

7キロで我慢できずに前の集団を追いかけます。8キロからその集団も引っ張ったり、後ろについたりで10キロは39:19。この辺りから追い風になりペースアップ。また前を追い上げます。

13キロで大きくUターン。下りで追い風、またペースアップで、前に見える3人を目標に走り15キロでまず一人に追いつきました。15キロ、58:48。

しかしここで酸欠気味になり腕や頭に酸素が届いてないような状態。ちょっとペースダウンでせっかく追いついたのに離されます。でも、サイクリングロードから一般道路に出るところでまた追いついて、そのあと18キロ手前の10キロの部の選手と合流するところから、くだりにのってさらにペースアップ。もう一人に追いつきましたが、その前の選手は10キロの部の選手と混ざってわかりません。わからないまま20キロを1:18:45で通過。

後ろから追い上げてきているのかどうかわかりませんでしたが、なんとか最後までペースを落とさずに走りきって、1:23:03でゴール。14位でした。

前半の向かい風と、後半の酸欠で落ちたペースがそのままタイムに出ていますが、前半遅いペースで集団についていたらもっと遅かっただろうなぁ。満足のタイム&レース展開でした。

さてゴールに戻ると同じテントサイトでは10キロの部で1位、2位。ハーフの部で1位と賞品のお米が山積みされています。すごい!

帰りは柿原さんの運転する車に乗せてもらってマキノ高原温泉さらさに入浴後、京都まで送っていただきました。お疲れのところ運転していただいてありがとうございました。

次は11/3の丹波高原30キロです。

|

« ゴール | Main | 続・走り続けるために »

Comments

「M」です。(笑)
はやさんがマキノ駅に着かれた7時頃、
自宅最寄り駅で時間を間違えたことに気付き、
青ざめておりました。(泣)

風が強かったようですが、コースも良く、
まずまずいいレースができたようですね。

ああ、参加賞の栗がぁ・・

Posted by: まこてぃん | 10/17/2005 09:32 AM

タイムよりもレース展開に満足しています。ペースの上げ下げが自分の思う通りにできたのがよかったです。2K以降、誰一人抜かれることがなかったですから。

先週、トラックで追い込んだレースができたからかな、と思っています。

今年は最後まで走りきれる「ペースマネージメント」を目指して走ろうと思います。「定刻主義」とはちょっと違います。「定刻主義」以上の結果を求めています(笑)。

Posted by: きまぐれ はや | 10/17/2005 12:46 PM

マキノ健康栗マラソン、
参加された方も参加されなかった方も
!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)!
お疲れさまでした。
はや、栗はどうするのかな?

Posted by: ドナルド | 10/18/2005 02:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第24回マキノ健康栗マラソン:

« ゴール | Main | 続・走り続けるために »