« となり町戦争 | Main | 吹雪 »

12/20/2005

ぎふ女子駅伝 観戦記

朝、小雪舞うまだ真っ暗な中を出発。京都府に入ると、向日町駅のホームに雪が積もってた。
積もる雪はどんどん増え、野洲駅では5センチぐらいは積もっている。彦根辺りは吹雪いていました。
米原駅の乗り換えで待合室のテレビを見ると雪のニュース。日本海側は相当降っているが、JRは徐行運転で運休はしていない模様。米原から岐阜まではわずか50分。伊吹山は雪雲に隠れていたし、この辺りのホームには20センチほど雪が積もっていたが、数分の遅れで大垣到着。ここからは駅伝のコースを眺めながら特別快速で岐阜駅へ。道路も日陰はほとんど雪が溶けていない模様。まぁ駅伝は大きな道路を走るし、今は雪も降っていないから大丈夫でしょう。

岐阜駅でスタート時間(12:00)を迎え、ラジオを聞きながら駅前(5.1K)で1区の選手に声援を送る。「あの」フィレス選手がダントツの先頭で姿を見せた。すぐに先頭集団、ちょっと遅れて我らがナナエ選手!

12:19の電車に乗って大垣へ。大垣駅から1.3Kほどで第3中継所。移動中もi-modeで通過順位とタイムをチェックできるからいいねぇ。どうやら5位集団でドナルドにたすきがわたった模様。予定以上の展開!

しかしドナルドは昨日から調子が悪いようで(電話で話した印象ですが)、寒さも風も影響して本調子じゃない。中継所に着くとテレビがあり、しっかりドナルドが映っているじゃぁないですか。

中継所で4区を走るサオ選手に一声かけて、中継所の300m手前に移動。ラジオを聞いているとホクレンに日立が追いついた!東日本のチームはホクレンの成功を目の当たりにして、同じような選手配置でで臨んだチームが多かったようにみえましたね。でも、後半に西日本のチームが順位を上げてきました。

凍えながらもラストスパートかける選手を応援していると、ついにドナルド登場。息も切れ切れでなんとかたすきをリレー。ぼくもすぐに中継所に戻って一声かける。中継所には暖かい場所が用意してあって、その入り口まで見送ってから再び大垣駅へ移動。13:25発の電車に乗って岐阜駅に戻りました。

岐阜駅からは競技場行きの応援バスが用意されていましたが、駅前の選手を見送ってから出発することに変更。アンカーのマサコ選手に声援を送ります。すぐにバスに戻ってバスの中のテレビでゴールシーンをチェック。
ゴールするときが一番雪が激しかったですね。どの区間でも雪が舞っていましたが、ホント選手のみなさん、大変な状況でお疲れさまでした。

帰りの電車は数分遅れで出発しましたが、米原駅で始発の新快速に乗れたので、ほとんど遅れることなく帰ってきました。


|

« となり町戦争 | Main | 吹雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぎふ女子駅伝 観戦記:

« となり町戦争 | Main | 吹雪 »