« 花粉が飛んできた〜!! | Main | 明日は横浜国際女子駅伝 »

02/24/2006

もっとまじめにスポーツを遊べ

今日の朝刊、文化面に「もっとまじめにスポーツを遊べ」というトリノオリンピックのコラムがあった。
これだけでピンときた方は、なかなかすごい。

コラムは「トリノオリンピックが面白い。」で始まっている。もちろん今日の朝刊なので、荒川金の話ではない。スノーボードの話から始まっている。
ハーフパイプなどのスノーボード競技は「難易度の高い複合的なパフォーマンスに挑戦する」ことを追求して、チャレンジしやすいように二回の試技の良い方を得点を採用する。合計でも平均でもない、一発勝負を勝者とする競技が採用されたのは、これまでの競技が「リクスを冒してまでチャレンジする精神がややもすると欠けているのではないかという警告」と筆者は見ている。

話はスノーボードクロスに移り、四人で同時に滑ってわざわざ障害物をおいたコースで偶然性を生み出しているとこの競技の特徴を認め、これまでの競技は「偶然性を排除」してきたが今はこのような競技が求められているという。そこに「遊び」という要素が出てくる。「チャレンジと偶然性こそがスポーツに仮託された文化性であり、もともと遊びから生まれてきたスポーツの本質」と筆者は語る。

確かに、だからスノーボードクロスは面白いんだ。ぼくも見ていて面白かった。

さてこの「もっと真面目にスポーツを遊べ」と、スポーツと文化と遊びの関係を教えてくれる筆者は、京都教育大学、スポーツ社会学の杉本厚夫先生であった。あの、frun10年!シンポジウムの時に「出来ないことの楽しさ」を教えてくれた先生だった。

|

« 花粉が飛んできた〜!! | Main | 明日は横浜国際女子駅伝 »

Comments

ひらのです。
そうそう、みんな習ったはずですよ。
スポーツにつく動詞はプレイです。

日本人は「道」が好きだからねぇ。
野球なんか毎試合ごとに「プレイボール」って
いうのに、みんな「野球道」を
追い求めてるからねぇ。

プレイしましょうよ、プレイ。


Posted by: ひらの | 02/24/2006 at 11:33 PM

そうでしたね。
「できないこと」が楽しいという、杉本先生の話は目から鱗でした。

だから、僕はサブ3できたら走るのをやめようと思っています(笑)。

Posted by: ケイタロー | 02/25/2006 at 09:27 AM

ひらのさん、
明日も楽しんで走ってきてください!

ケイタローさん、
「一生ランニングを楽しむ宣言」ということですね(笑)

Posted by: きまぐれ はや | 02/25/2006 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17275/8819002

Listed below are links to weblogs that reference もっとまじめにスポーツを遊べ:

» 五輪で勝たねばならないか [くりりんの問わず語り]
トリノ冬季五輪・フィギュアスケートで荒川選手が見事優勝、金メダルを獲得した。これ [Read More]

Tracked on 02/25/2006 at 12:15 AM

» 運も実力のうち [くりりんの問わず語り]
トリノ冬季オリンピック、日本勢はいまいちのようだが、それはさておき、スノーボード [Read More]

Tracked on 02/25/2006 at 12:27 AM

« 花粉が飛んできた〜!! | Main | 明日は横浜国際女子駅伝 »