« 福士加代子選手日本新記録! | Main | モデル事務所、開設? »

02/06/2006

別府大分、伴走エピソード

アテネパラリンピック金メダリストの高橋勇市さんが別府大分毎日マラソンに出場していたのはテレビ中継でも取りあげられていたようですね。前半は近所を走りに行っていて見ていないのです。

その高橋勇市さんの伴走をつとめていたのは、北海道マラソンで優勝の経験もある元旭化成陸上部の佐々勤さん。
ところが30K手前で佐々さんのふくらはぎに違和感がでてピンチ! 近くを走っていた選手にお願いして32Kから別の選手にロープをリレー。さらに39K地点で交代した伴走者もペースダウン。そこに走りかかった選手から「伴走させて」とさらにロープをリレー。40Kを関門5秒前に通過して高橋さんは無事完走したそうです。

面白いのが、高橋さんとロープを受け継いだ二人のいきなり伴走者の三人がみな40歳だったこと。40歳のロープリレーで完走できた高橋さんは、「自分のレースを捨てて伴走してくれた二人に感謝」とコメント。

毎日新聞記事より。

|

« 福士加代子選手日本新記録! | Main | モデル事務所、開設? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 別府大分、伴走エピソード:

« 福士加代子選手日本新記録! | Main | モデル事務所、開設? »