« July 2006 | Main | September 2006 »

08/31/2006

沖で待つ

416324850109_ss500_sclzzzzzzz_v113897429出張中は通勤電車に1時間ほど揺られていましたので、読書の時間がありました。
芥川賞を受賞したということで、図書館で「沖で待つ」を借りてきました。
初めてこの絲山秋子氏の作品を読んだのですが、簡単に言うと上品ではないですね(笑)。
でも、「沖で待つ」はジーンと来るというか、ちょっとした感動はありました。一緒におさめられている下品なの(笑)を読んでから、この「沖で待つ」を読んだからなのかなぁ。
「沖で待つ」だけを読んだのだったらこんな後悔はしなかったでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/30/2006

ISOCS-22参加

P1000103忙しくて更新が途切れています。
先週は埼玉でISOCS-22に参加してきました。スタッフの先生方、お疲れさまでした。
8/20の日曜日から8/25の金曜日まで。真夏に長丁場の学会でした。
こう期間が長いと4日目あたりからくたばってくるのですが、4日目の午後にエクスカーションがあり、栃木の足利市に連れて行ってもらいました。日本最古の総合大学、足利学校の見学ツアーでした。

P1000104足利尊氏から始まる室町時代の足利将軍のみなさんの先祖は、この足利なのですね。金閣寺の義満も銀閣寺の義政も、みーんな京都の殿様なのに、ここに足利尊氏の銅像があるのはビックリしました。近くのお寺、鑁阿寺(ばんなじ)には足利将軍全員集合。15体の人形も展示されていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/25/2006

日曜日は北海道マラソン

今年は仕事の都合でエントリーできませんでしたが、あさっては北海道マラソン。みんながんばってね!テレビで応援しています。
ところで今日、千葉真子選手がこの北海道マラソンで一生懸命走るのを最後にすると発表されましたね。どうしても、北海道マラソン、千葉選手とくると、こうめさんが気になります。こうめさん、いかがでしょう?今年もしっかり走ってくださいね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/20/2006

引き分け〜

なんということでしょう。

もちろん高校野球です。今日は夕方から仕事があったので、高校野球を見てから出発しようと思っていたら、全然終わんなくて、延長に入ったことを確認してから携帯ラジオを持って電車へ。
地下鉄の間は聞けなくて、どうなんているんだかもどかしかったのですが、地上に出てからまだ1-1で同点を確認。試合はどうなるのやらとハラハラドキドキでしたが、結局引き分け再試合となったのでした。

神がかり的な駒大苫小牧の甲子園での活躍。2年前に北海道の高校が優勝するなんて、想像もできなかったのですが、それが2連覇、3年連続決勝。そして引き分け再試合。

こうなったらとことん駒大苫小牧を応援します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/15/2006

萩谷-摂津峡を走りながら高校野球を想う

P1000098前回萩谷へ走ったときに気になっていた、「犬の学校」手前の「上の口」に降りる道。今日はそこに行ってみました。案の定木の枝が道路を覆い、快適に走れました。写真はその途中に高槻の市街地が望めたのでパチリ。

ちょうど高校野球、駒大苫小牧-青森山田戦をラジオを聞きながら走って行ったのですが、この辺りで北海道がサヨナラ勝利。一昔前なら、北海道、東北勢は初戦敗退が常で、東と西に分けて組み合わせ抽選をするのは西の高校が勝ち上がりやすくするための方便だと思っていました。それが今年の夏は中国勢があっさり敗退し、昨日は仙台育英-日大山形戦、そして今日は駒大苫小牧がサヨナラ勝ち。偏った目で高校野球を応援しちゃ行けないなぁと実感する大会です。

P1000099さて、そんなことを思いながら山を下りてくると、いつも摂津峡からポンポン山へ行くときに通る上の口手前の芥川に出てきました。摂津峡を抜けようと思い進んでみると、すごい車、すごい人。ほとんど走れずに何とか抜けてきました。今年も暑い、終戦の日です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/13/2006

服部緑地24時間走

P1000097ランママさんのお見舞いもかねて、服部緑地24時間走に夜の間だけお邪魔してきました。
目標は40キロだったのですが、やっぱり夜は涼しくて走りやすいですね。48キロ走れました。みなさんはもっと走っているようでしたが、きまぐれはこれぐらいでちょうど良かった。
会場が公園の中のせいか、朝は意外と涼しかったです。こうやって走りながら朝を迎える、楽しい夏休みです。ランママさん、みなさんありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08/11/2006

長浜ラーメン 鷹

P1000096西町にある長浜ラーメンの鷹に行ってきました。なかなか行けず、行っても休みだったりで今日が三度目の正直。確かに本場、長浜ラーメンでした。福岡国際マラソンのあとにラン仲間で行った長浜ラーメンと同じでした。
カウンターしかない店内、紅生姜と辛味高菜が取り放題です(笑)。豚骨スープに白くてまっすぐの細い麺。ラーメン570円。ぼくが食べたチャーシューメンは730円でした。うまかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/10/2006

わかちゃん練習会初参加

P1000091毎週木曜日の夜に開催されているわかちゃん練習会に初参加してきました。一周1.3KのコースをNさんとぐるぐる。10Kほど走りました。
ちょっと早めに京都に入って、あちこち散歩。出町のYAOMONさんでアイスコーヒーもいただきました。帰りも御所から四条烏丸まで歩いてきましたが、建設中のホテルモントレの前の街路樹にたくさんの鳥?コウモリ?夜9時だというのに鳴き声がすごかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/09/2006

女子砲丸投げ 森 千夏選手 逝去

リンク: アテネ五輪代表、砲丸の26歳・森選手が死去.
日本陸連が募金の呼びかけもしていましたので、女子砲丸投げの日本記録を持つ森千夏選手が闘病生活を送っていることをご存じの方も多かったと思います。日本選手権の競技場でも募金の受付をしていましたが、今日午前亡くなったそうです。わずか26歳。競技を続けていれば更なる記録更新も充分に望めた選手だけに、とても残念です。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

08/08/2006

萩谷-阿武山

P1000078台風が東にそれたようで、午後から風が収まってきました。
それでも暑いので、萩谷方面へ50分ほど走ってきました。
市営バスの萩谷バス停をさらに奥へ進むと一枚目の写真のような山奥。かなりの急坂で途中で嫌になった時間が50分だったのでした。(家に戻って地図を見ると、この道は岡山林道で、金毘羅山をへて空谷橋へ降りられるようです)

帰りは途中で阿武山に入り山頂をへて阿武山古墳を通過して帰ってきました。
P1000085帰ってきたときには暗かったのですが、それでも下界は暑かった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/06/2006

賀茂川パートナーズ

真夏の暑さが訪れて、走れるのかどうか心配でしたが、賀茂川パートナーズの練習会に行ってきました。
みっきーさんと一緒に出町から雲ヶ畑に向かって1時間、大岩で折り返してきました。
山の中に入ってから杉の木陰が気持ちよかったけど、暑かった。
また1時間かけて戻ってきて、みんなでわいわい反省会。
そのあとおこしやすマラソンの下見をして、朝から夕方まで一日京都を満喫しました。

家に帰ってニュースを見ていたら、この日の京都は最高気温38度! この夏も乗り切る自信が持てました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/03/2006

薬のニュースは薬事日報 - 清涼飲料水「アロエベラ」から基準値超えるベンゼン

リンク: 薬のニュースは薬事日報 - 清涼飲料水「アロエベラ」から基準値超えるベンゼン .
DHCが発売する「アロエベラ」という飲料から基準の10ppbの7倍以上のベンゼンが検出されたことが国立医薬品食品衛生研究所の検査の結果、明らかになり、同社では自主回収をはじめたそうです。サプリメント販売の大手の商品からベンゼンが検出されたことで、他のメーカーでも保存料に安息香酸や酸化防止剤にアスコルビン酸(ビタミンC)を使っている商品に注意が必要です。各社の製造過程に問題がありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/01/2006

君の名残を

ドナルドが購入した本を読ませてもらいました。
平家物語を題材にした歴史小説。「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり…」で始まる、国語の教科書で誰もが目にしたことがあるはずの平家物語です。はじめから終わりまで、平家物語を読むには骨を折ることでしょうが、この「君の名残を」なら、比較的手軽に読めますね。
歴史小説なので、その時代を題材にしてはいますが、作者なりの設定で話を進めているところもあります。800年も前の設定ですから、歴史的に曖昧なところもリアルな情景描写で読者を引きつけており、読みごたえがありました。
こういった小説を読むと、燧ヶ城とか、一の谷とか、平泉とか行ってみたくなりますねぇ。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

« July 2006 | Main | September 2006 »