« ガトリン、永久資格停止か!? | Main | 薬のニュースは薬事日報 - 清涼飲料水「アロエベラ」から基準値超えるベンゼン »

08/01/2006

君の名残を

ドナルドが購入した本を読ませてもらいました。
平家物語を題材にした歴史小説。「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり…」で始まる、国語の教科書で誰もが目にしたことがあるはずの平家物語です。はじめから終わりまで、平家物語を読むには骨を折ることでしょうが、この「君の名残を」なら、比較的手軽に読めますね。
歴史小説なので、その時代を題材にしてはいますが、作者なりの設定で話を進めているところもあります。800年も前の設定ですから、歴史的に曖昧なところもリアルな情景描写で読者を引きつけており、読みごたえがありました。
こういった小説を読むと、燧ヶ城とか、一の谷とか、平泉とか行ってみたくなりますねぇ。

|

« ガトリン、永久資格停止か!? | Main | 薬のニュースは薬事日報 - 清涼飲料水「アロエベラ」から基準値超えるベンゼン »

Comments

はやさん、こんにちは。

その本は読んだことはありませんが、一ノ谷は、実家の近くなので、よく行っています。でも、ひよどりごえは実際にどこだったかは、諸説あるようで…。

Posted by: meka | 08/01/2006 09:22 PM

一ノ谷って須磨浦公園だったんですね。地図に「源平古戦場」と書いてあります。ここで合っていますよね? 全然知りませんでした。義経といったら、壇ノ浦のイメージが強かったので。
義経が崖を下って敵陣に攻め込んだという故事は知っていましたが、この「君の名残を」を読んでよくわかりました。

Posted by: きまぐれ はや | 08/01/2006 09:51 PM

ちなみに、もちろん平泉には行ったことがありますよ。盛岡に6年住んでいましたからね。ちょうど大河ドラマ「炎立つ」が放送されていたときに母が遊びにきて、中尊寺金色堂と、ドラマのロケ地を巡ってきました。
800年前に京都に負けない都が平泉にあったかと思うと、不思議な思いになりました。

Posted by: きまぐれ はや | 08/01/2006 09:59 PM

はやさん、こんにちは。

そうです。あの須磨海水浴場が、源平合戦の場だとされていますね。須磨浦公園駅のすぐ西側に、敦盛塚もあります。でも、それなら義経が崖をくだったという鵯越は、鉢伏山のあたりじゃないかと思うのですが、かなり離れた兵庫区に鵯越の地名があり(六甲縦走の途中で通ります)、確定されていないようです。私はあのあたりで育ったので、源平合戦というと、まずは一ノ谷、熊谷直実と平敦盛ですね。

平泉には、かなり前、『炎立つ』が発表される何年も前に行ったことがあります。金色堂もきれいですが、木が多くて気持ちがいいところだったような記憶があります。

Posted by: meka | 08/03/2006 11:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 君の名残を:

» 君の名残を 浅倉 卓弥 (著) [Cafe@Donald]
旭川の本屋さんで手にした本です。 「四日間の奇蹟」を書いた朝倉卓弥さんが書いた [Read More]

Tracked on 08/02/2006 05:01 AM

» 鐘の声 [鐘の声]
映画「ラブコン」 映画『四日間の奇蹟』 映画『恋する神父』 7つのナヒゲーション--情報デザイン研究ノート(11) 映画『いつか読書する日』 映画『アメリ』 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 映画『最後の恋のはじめ方』 映画『ピアノを弾く大... [Read More]

Tracked on 08/19/2006 05:42 AM

« ガトリン、永久資格停止か!? | Main | 薬のニュースは薬事日報 - 清涼飲料水「アロエベラ」から基準値超えるベンゼン »