« ラジオ深夜便で君原さん | Main | のだめ終了♪ »

12/24/2006

ジョゼと虎と魚たち

Josse_1
以前に文庫本で原作を読んでいましたが、やっと図書館で借りてきたDVDを見ました。

原作以上に衝撃的でした。妻夫木がプレイボーイで優柔不断な学生をなかなかそれっぽく演じています。けどファンは見ちゃいけませんね(笑)。それときまぐれお気に入りの上野樹里がおとなしい女子学生役で、今よりも大人っぽい雰囲気でした。幅広い役をこなせる女優さんです。もちろん妻夫木くんともう一人の主役、池脇千鶴も一皮むけた演技に感心します。

ストーリーは足に障碍をかかえるジョゼに惚れていく学生のお話。先日、アテネパラリンピックマラソン金メダルの高橋勇市さんの「アテネの風」を読んだばかりで、「障害者のくせに」という台詞が印象に残りました。しかし、最後まで見てもすっきりしない映画です。もやもやっとしたものが残るのは原作を忠実に描けているということかな。

|

« ラジオ深夜便で君原さん | Main | のだめ終了♪ »

Comments

あ〜、みなきゃよかったぁ。別に妻夫木ファンじゃないけど。
う〜ん、もっと深い映画にして欲しかったなぁ。

Posted by: ドナルド | 12/25/2006 at 11:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17275/13197529

Listed below are links to weblogs that reference ジョゼと虎と魚たち:

« ラジオ深夜便で君原さん | Main | のだめ終了♪ »