« January 2008 | Main | July 2008 »

06/30/2008

学会初日

P1000102朝からの雨は昼にまで上がりました。
会場は研究室も並んでいる建物の中の講堂です。
ヨーロッパっぽく、
急な傾斜の階段教室、
派手なシャンデリア、
そして講堂の両袖には、
いかにもロシアっぽい短周期表です。
元素の周期律を見つけたのはメンデレーエフ、
サンクトペテルブルク出身の化学者です。

期間中,ランチをお願いしておいたところ、
地下の食堂でサラダ、パン、スープ、メインの順でロシア料理が出てきます。
ライ麦パンの酸味にはなかなか慣れないです。

午後にもにわか雨があったけど帰る頃にはすっかり晴れていました。

夕食は歩いて10分ほどのデパートの中にレストランがあるかと思って向かいましたが、
食べるところはなし。

P1000139結局ホテルに戻って、
ホテルのレストランでロシア料理を食べました。
写真はボルシチ。
スメターナは良くかき混ぜてしまった方がおいしく食べられましたよ。
ビールも飲んで、3人で2300ルーブルほどでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/29/2008

スーパーマーケット発見! -学会参加受付-

P1000071Партизанская(パルチザンスカヤ)駅について、向かうはВернисаж в Измайлово(ベルニサージュ市場)というおみやげ市場。
地下鉄駅を出ていきなり迎えられたのはぐったりとしたのら犬。
駅前の歩道で死んだように寝ています。
おみやげ市場まで200mほどの遊歩道を歩きますが、
そこにもたくさん。
どれも大型ののら犬です。
この駅の周りに限らず、
今回の移動で地下鉄の駅を出ると、
当たり前のようにこのようなのら犬を見かけました。

P1000072おみやげ市場ではマトリョーシカなどの民芸品や、
旧ソ連の国旗をモチーフにしたものなどが並んでいます。
モスクワオリンピックのピンバッチなども売っていました。
片言のロシア語で昼食を買い(お店の人の日本語もうまかった)、
ロシアのビールと羊肉のケバブを食べてからぶらぶら。
マトリョーシカとモスクワマグネットを購入しました。
Imga0238
時折雨の降る天気でしたが、
日曜日に行って正解でした。
熊とパフォーマンスをしている人もいてにぎやかで、
ぶらぶらしているだけども楽しかったです。

Img_2751雨と言えば、
この時期のモスクワは一番日が長くて、
写真のように夜10時30分頃でもこんなに明るくて、
真夏なのですが、雨がよく降ります。
日本のにわか雨ですが夕立とは違いました。
積乱雲が流れてきて、
わっとものすごい雨が降って、
一時間もすると晴れていることが、
この旅行中に何度もありました。
でも、夕方ではなく日が高いからか虹は見えません。
日本から折りたたみ傘を持っていって正解!
モスクワの人も折りたたみ傘を携帯しているようでしたし、
駅前のキオスクでも折りたたみ傘が並んでいました。

Imga0242地下鉄でホテルの最寄り駅、
Ленинский проспект(レーニンスキープロスペクト)駅に戻り、
駅近くのガガーリンタワーで記念撮影。
そう、世界で初めて宇宙に飛んだ、
「地球は青かった」
のガガーリンです。

このタワーが近くにあるということは、
前もってGoogle Mapsで調べておいたのでした。

P1000086初めての宇宙飛行の時の宇宙船と思われる球体「ボストーク」も、
タワーの台座に鎮座しています。

ホテルで一休みののち、
午後6時頃に学会の受付とレセプションに参加。
会場はホテルのすぐ向かい側。

P1000097P1000098会場はN. D. Zelinsky Institute of Organic Chemistryといい、
ロシア科学アカデミーの有機化学研究所。
ロシア語でИНСТИТУТとは単科大学を意味するそうなので、
単なる研究所ではなくて、
大学の研究所みたいな感じなのでしょう。

Imga0249レセプションの後は,ホテル周辺を散歩。
学会会場のすぐ隣にスーパーマーケットを発見。
小さいスーパーでしたが、
見たことのない商品がたくさん並んでいて、
楽しかったです。
さっそくロシアのビールを買って帰りましたが、
会場に近いということもあって、
何度も立ち寄りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地下鉄は遠い -モスクワ散策-

P1000032時差ぼけ解消には、規則正しい生活が良いと思っているので、
しっかり朝起きてご飯を食べて10時にモスクワ散策に出かけました。
ホテルは「スプートニク☆☆☆」といいます。
他にも宇宙船の名前がついたホテルが多いこと。
築70年近い建物で部屋も古かったですが、上層階は改装しているとか。
ロビーでは有料の無線LANもありました。

Img_2700地図を見ると地下鉄で雀が丘(Воробьёвы Горы Парк)に行くのは遠回りだったので、
歩いていくことに。
これが後でこたえた。

日曜日の朝ということもあり、
あまり車が走っていない道路をゆっくりと散歩。
40分ほどでモスクワを一望できる雀が丘に到着。


Imga0210ここからはモスクワ市街地と反対方向にモスクワ大学がそびえ立つ、見晴らしの良いところ。
Imga0213
景色の良さから結婚式を終えたばかりの新婚さんが駆けつける場所としても有名だそうです。
ぼくらがついた時はまだ午前中で、
そのような集団は見かけられませんでしたが、
リムジンが一台停まっていました。

Imga0214またスポーツ施設もいくつかあり、
この丘の斜面にはスキーのジャンプ台、
丘の下のモスクワ川をはさんで向かい側には大スタジアムがありました。
スタジアムは1980年モスクワオリンピックのメインスタジアムだったそうです。
また、5年後の2013年には世界陸上もこのスタジアムで開催される予定とか。
みなさんモスクワ目指してがんばってください。
昨日大雨の中ホテルについたので、
まだ雲が残っていて遠くまできれいに写真に撮れなかったのは残念でした。

P1000066この後、丘を駆け降り(普通は降りないみたいです)、
モスクワ川そばの遊歩道を歩いて最寄りの地下鉄駅(Воробьёвы горы)に向かいましたが、
なんとこの駅は本日閉鎖中。
さらに一駅歩くことになりました。
モスクワの地下鉄の駅間距離が長いこと。

スタジアムではイベントをやっているようで、
駐車場入り口のイケメン警備員に次の地下鉄駅のだいたいの行き方を教えてもらい、
なんとか地下鉄駅(Спортивная)に到着。
午前11時50分頃。
歩いた歩いた。

窓口のおばちゃんから切符を買い、
モスクワ初の地下鉄に乗り、
そのうるささと、
駅の案内の不便さに緊張しながら、
間違えずに乗り換えをこなし、
最初の目的地Вернисаж в Измайловоの最寄り駅、
Партизанскаяに到着。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/28/2008

ふで入れに注意 -モスクワに出発-

バスで空港着。現金は円→ルーブルの換金をしていないので、
ひとまず旅行ガイドブックに従い円→ドルに換金。現
地でドル→ルーブルの換金が簡単にできるという。

チェックインでは機体到着の遅れから離陸が30分遅れるとのこと。
ヘルシンキでのトランジットの時間が45分しかないことから,
乗り継ぎにトラブルがあった場合には現地にて対応させてもらうと連絡を受ける。
Img_2685予定より40分遅れで離陸。
ヘルシンキ到着は予定より10分ほど遅れでほっとした。
トランジット時間が少ないため、長い行列を追い越して、
手荷物検査を先に済まさせてもらいました。

が、最近国際線での機内への液体の持ち込みが厳しくなっています。
ふで入れの「みずのり」が引っかかりました!
両端からのりが出るようになっているものです。
検査員のお姉ちゃん二人でのりを見てあーでもない、こーでもないと言っています。
よっぽど珍しかったのでしょう。
「これ、両方から出るようになっているわよ」
などと感心していたに違いありません。

結局問題なしとされ(当然です)、
ヘルシンキの空港を小走りに移動してモスクワ行きのゲートに到着。
バスに乗ってきたいまで移動するタイプでしたが、
一番最後にバスに乗り込みました。
P1000020次の飛行はエアロフロートの機体。
ここから英語よりもロシア語がメインの表記になってきます。
写真はその機内からのヘルシンキの空港です。

ほぼ予定通りに離陸。
わずか1時間40分ほどのフライトですがしっかり機内食が出ます。
ロシア入国の際の移民カードも書かなくてはなりません。
あっという間に時間はたちシェレメチェーボ空港第2ターミナルに到着です。 

入国審査では30分ほど待たされました。
隣の列にはビーチバレーの浅尾美和選手も並んでいました。
ここでさっそく愛想笑いのないロシア人の洗礼を受けます。
先に審査を受けた東南アジア系の男性が
厳しくののしられているのを見て少しビビってしまいましたが、
ぼくたち一行は大丈夫でした。
愛想笑いありませんが、
若いロシアの女性は美人ですね。

荷物を受け取ると、
さっそく両替所があります。
ここはレートが悪いので、
とりあえず必要な金額を換金。

ガイドブックにはパソコンやデジカメも税関に申告した方が良いと書かれているので
申告書を書きましたが、
赤色ゲート近くに立つ係のおばちゃんに、
「安物は申告しなくていい」と言われ、
せっかく書いたのに緑のゲートからロシア入国。

ゲードを出るとすぐに目印を持って立ってくれている,
ホテルまでの送迎車の男性を見つけ、
雨の中かなりのスピードで飛ばして約30分ほどでホテルに到着。
ロシア時間午後11時15分頃でした。

ホテルのチェックインも問題なく、
すぐにパスポートを出して外国人登録をしてもらい、
チェックインも完了。
バウチャーが必要だとかガイドブックに書かれていましたが、
ロシアの旅行代理店のマリアさんのおかげで無事にモスクワに入ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

06/20/2008

ロシア出張:海外旅行保険

海外旅行保険は通常のものを選んで加入しました。
個人ではインターネットで加入するのが一番安いかと思います。
保険屋さんと相談しても,補償の内容がそんなに内容が違うものでもありませんから。
インターネットで加入する場合は多くの場合で本人のクレジットカード払いが前提になるようです。

今回はクレジットカード払いすると会社で手続きがいるので、
保険屋さんにお願いしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タミフルと異常行動 動物実験でも関連性なし

リンク: 「タミフルと異常行動 動物実験でも「関連性なし」」事件です‐事件ニュース:イザ!.

今回の科学的な結果を発表しても、
感情的にタミフルには異常行動を引き起こす何かがあると信じる人がいるのでしょうね。

でも医師は胸を張って,
必要な時には患者にタミフルを処方してあげてください。

「宗教的に」輸血を受け付けない人々がいるようですが、今回の件もそれと同じように思えます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

06/13/2008

カテキンに育毛効果?

日本薬学会の会員誌「ファルマシア」6月号にカテキンの一種として知られる(–)-エピガロカテキンガレート(EGCG)にヒト毛成長促進作用があるという論文を紹介していました。ファルマシア, 44, 561 (2008).
Photo
韓国の研究者たちの論文、Kwon O. S et al., Phytomedicine, 14, 551-555 (2007).によると緑茶由来の純度95%以上のEGCGをヒトの後頭部から採取し培養した毛乳頭細胞に添加したところ、その増殖を促進することを見いだしたということです。もっと詳しいことがファルマシアには書かれているのですが省略して、アメリカでは90%以上の高濃度カテキンを含む緑茶抽出物を主成分とする軟膏をウイルス性皮膚疾患の治療薬として認可したようで、今後その効能を、脱毛予防、育毛剤として研究されるかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海外携帯レンタル

海外でも携帯がつながるようにと携帯のレンタルを申し込んだ。
NTTdocomoではレンタル一日315円+保険一日210円の525円/一日を二台借りることにした。(2008年6月1日から値上がり)
ドコモショップに話を聞きにいった時には新機種なら海外通話可能ですよと言われ,ちょっと迷った。一週間借りるとして3500円。新機種に変更しようとも思ったけど、話を聞きにいった直後にiPhoneがソフトバンクから発売になる報道があり、ドコモからiPhoneはでないことが決定的となったので、今回はレンタルで済ませることにした。
免許証での本人確認で、カウンターでの申込。インターネットでもできるみたい。代金は毎月の支払いと一緒。
海外通話可能な携帯のレンタルを申し込むと自宅にレンタル携帯を送ってくれて、自分が使っている携帯がFOMAならSIMカードを差し替えるだけ。返却は帰ってきた時の空港でSIMカードを抜き取った後に返却するだけ。宅配での返却も選べるが送料は自腹。ムーバの場合は一時的にFOMAの携帯を使うことになるので、切り替える操作が必要です。
通話料金は発信だけでなく着信にも国際転送料がかかる。日本の電話番号を使うので、着信は日本経由となるかららしい。今回のモスクワでは借りた携帯で日本の家族に電話する時、発信に380円/分、日本からの着信では110円/分(転送料)+80円/分(着信料)=190円/分かかります。レンタルの携帯は日本の携帯と認識されるので、海外で借りた電話同士で通話するとそれぞれにかかります。
予定をあらかじめ決めて、必要な時に連絡する手段にしておかなくては。まだ分からないことばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/12/2008

「iPhone人気を警戒…国内他社、価格設定に注目」

リンク: 「iPhone人気を警戒…国内他社、価格設定に注目」IT‐インターネットニュース:イザ!.
うちもキャリアを変えることになりそう。早く値段を知りたいですね。それとSoftBankのショップをチェックしておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア往復航空券

ロシア出張、航空券の話:
モスクワへの飛行機は成田から直行便がでているようですが、東京で一泊しなくてはならないので関空から往復できる便を探しました。
調べてみると東南アジアやソウル、北京などを経由する便が該当するのですが、便数が少ないこともあり満席ばかり。
結局引っかかったのは、今話題のドバイ経由エミレーツ航空とシンガポール経由のシンガポール航空と、ヘルシンキ経由のフィンランド航空の3つ。
ドバイ経由、シンガポール経由はいずれも乗り継ぎに一日かかってしまうため、それじゃぁ成田発と一緒なので、唯一残ったフィンランド航空を選ぶしかありませんでした。
航空券の手配を始めたのは出発の1ヶ月半ほど前。決まっている出張なら早めに決めておくべきでしたね。購入を決めるのに二週間ほどかかりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/11/2008

「点滴は「作り置き」 三重の整形外科患者死亡 院長「2年前も」」事

リンク: 「点滴は「作り置き」 三重の整形外科患者死亡 院長「2年前も」」事件です‐事件ニュース:イザ!.
もし現場で薬剤師や看護師が医師に対してモノを言える環境であったなら、このような事故は起こらなかったはずでしょう。医療の現場での意識改革がまだまだ必要なようです。薬剤師も責任を自覚してもらいたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア忘備録

ロシア出張に向けての準備を進めています。その忘備録と、もしロシアでネットに接続できた時の情報源としてメモを残しておきます。

ロシアビザ取得:
ロシア滞在のホテルを予約したロシアの旅行代理店からロシア語の旅行確認書と英語のバウチャーをファックスで送ってもらう。在日ロシア領事館のHPに詳しくまとめてあるビザ申請に従って申請書を作成し、写真を用意する。写真の大きさはいろいろと惑わされた。結局、4cm×3cmで提出。日本のパスポート用の大きさの写真でもOKだと言われた。写真を貼付けるビザ申請書の写真の枠の大きさがいずれの大きさにもなっていないので電話で領事館に確認した。
大阪の在日ロシア領事館の電話の応対は日本語をできる人が限られているようでしばらく待たされた。覚悟を決めて待つこと。受付時管終了間際の方が待たされずに済むかもしれない。「(日本語をできる人が)いま忙しいので、30分後にまた掛けてください」「2時間後にまた掛けてください」の連続だった。英語も通じないようだった。またメールでの問い合わせも受け付けているが返事は二日後だった。

書類を用意して領事館へ向かう。受付は9:30から12:30の午前中のみ。土、日、ロシアの祝日、休日は休み。代理での受付も認められているが、書類は自筆とされているので、万が一書類に不備があった時は修正できるように自分で提出した。郵送での受け付けはしていないので、ぼくが行った時も福岡、名古屋ナンバーの車が待っていた。
領事館の門の入り口の警官に身分確認の免許証を提示してから領事館の中へ入るが、ビザ申請の入り口ドアの前で待たされ、9:50頃に開いた。書類を提出して受取日を伝えてその日付を書いた紙切れを受け取りビザ申請終了。2週間後に受け取りで手数料は無料。日本国籍以外の人は1000円の手数料が取られるようでした。
ビザを受け取ったらまた書いておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« January 2008 | Main | July 2008 »