« new iPod シリーズ発表 | Main | 「香港でもメラニン被害か 3歳女児が腎臓結石」世界から‐中国・台湾ニュース:イザ! »

09/21/2008

メラミンとタンパク質含量分析

Photo図は最近中国の牛乳に混入されているメラミンの構造式です。
報道を聞いているとなぜメラミンを牛乳に混ぜるのか不思議になりました。
残留農薬とは違い、人為的にメラミンという物質を牛乳に混ぜているのです。
その理由は水で薄めた牛乳のタンパク質含有量を多く見せかけて、薄めていないものと思わせるためにメラミンを混ぜているという事が最近の新聞報道でわかりました。
ではタンパク質含有量はどのように分析しているのか、という事です。

タンパク質含有量はケルダール法による窒素量の定量に基づいています。
すなわち、窒素原子(N)がたくさん含まれているメラミンは、タンパク質の構成単位であるアミノ酸に一つしか含まれない窒素原子をたくさん見せかけるために、測定器械を欺くために混入されたという事です。
ケルダール法については詳しいサイトがありました。岐阜県教育委員会-食品化学実験サイト
分析試料を硫酸と反応させ、タンパク質中のアミノ酸由来のアミド結合からアンモニアを発生させ、それを定量する方法ですから、メラミンからはアミノ基由来の3つのアンモニアが発生する事でしょう。トリアジン環の3つの窒素原子がアンモニアになるかどうか、ちょっと判断がつきません。

化学を勉強した人間にとってメラミンはメラミン樹脂として言葉を聞く事が多いと思います。熱硬化性樹脂なんて言葉を聞いた記憶があるかもしれませんね。
合成樹脂、すなわちプラスチックの一成分というか原料としてメラミンは使われています。
耐衝撃性に優れているので、プラスチック製のお椀などに使われている事が多いと思います。
メラミン樹脂からメラミンは溶け出しませんのでご安心ください。樹脂になる前の原料の段階でメラミンはホルムアルデヒドと反応してメチロールメラミンになっています。

|

« new iPod シリーズ発表 | Main | 「香港でもメラニン被害か 3歳女児が腎臓結石」世界から‐中国・台湾ニュース:イザ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メラミンとタンパク質含量分析:

» 「香港でもメラニン被害か 3歳女児が腎臓結石」世界から‐中国・台湾ニュース:イザ! [きまぐれ日記]
リンク: 「香港でもメラニン被害か 3歳女児が腎臓結石」世界から‐中国・台湾ニュ [Read More]

Tracked on 09/21/2008 02:41 PM

« new iPod シリーズ発表 | Main | 「香港でもメラニン被害か 3歳女児が腎臓結石」世界から‐中国・台湾ニュース:イザ! »