« October 2010 | Main | January 2011 »

11/29/2010

第30回江東シーサイドマラソン

第30回江東シーサイドマラソン
久しぶりに自分のマラソン大会に参加してきました。
ブログをさかのぼって調べてみると、
2006年1月の高槻シティハーフ以来かも?
そのあと伴走ではいろいろと出場していたのですが、
関東に移り住む前の一年ほどは全く大会に出る暇がなかったですからね。

そんな久しぶりのマラソン大会でハーフに出場しました。
夢の島競技場を発着点とするコースで、
前半は砂町から東陽町、木場を通り、
おおよそ10キロで夢の島に戻ってきてから、
清掃工場周辺の道路を通り抜け、
サイクリングロードに入って東京ヘリポート、
若洲ゴルフリンクスで折り返して競技場に戻るコースです。

マラソン大会出場が久しぶりだったもので、90分を目標に、
5キロ22分ぐらいで走れれば良いかなと思ってスタートしたのですが、
自然と前を追い越すペースになってしまいます。
何がいいって、天気が良い。
ほとんど風もなく絶好のマラソン大会日和です。
上がりすぎるペースを抑えて抑えて前半10キロを通過。
この辺りでドナルドとプロトンの声援があり、力になりました。

10キロを過ぎてからはサイクリングロードや歩道で道幅も狭く、
といっても走っている周辺には追い越せそうな集団もないので、
それぐらいのコースでちょうど良いのですが、
残り5キロまでは自分のペースで走るようにいい聞かせながら、
無理をせずに15キロをおよそ60分で通過。

調子が良ければここからペースを上げられるのでしょうが、
久しぶりのハーフなので、そのようなことができることもなく、
必死にペースを落とさないように走っていると、
18キロ付近、京葉線下の給水係の高校生と思われる補助員から
「がんばってください」と声をかけられました。
しかし、その集団には座ってさぼっている連中もいたので、
「お前らもがんばれよ!」と返してあげました。
あれからちゃんと仕事をしてくれたのでしょうか。

20キロ手前でもう一度、ドナルドとプロトンが応援してくれていて、
最後の力を振り絞りゴールの競技場へ。
しかし競技場周辺で距離合わせの折り返しがあり、
いつになったら競技場に入れるのか不安になりながら走っていました。
ようやく競技場に入って、ゴール前の直線に招待選手が立っていることを確認して、
そちらに思いっきり手を振ってからゴールしました。

第30回江東シーサイドマラソン 記録
nike+
5K 20'02
10K 19.53 ( 39.55)
15K 20.08 (1:00.03)
20K 20.41 (1:20.44)
Goal 4.31 (1:25.14)
グロスタイム 1:25.27 (スタートロス13秒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/08/2010

初マラソンのゲブレマリアム優勝 NYマラソン、藤原は棄権

リンク: 初マラソンのゲブレマリアム優勝 NYマラソン、藤原は棄権 - 47NEWS(よんななニュース).
皇帝ゲブレセラシエはこのニューヨークシティマラソンを最後に引退を表明したのだそうです。ということは東京マラソンはこないのかな。残念。

突然の引退表明

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/02/2010

肥後銀行が陸上部発足へ

リンク: 「肥後銀行が陸上部発足へ 駅伝参戦か」:イザ!.
九州を含む西日本地区からの全日本実業団女子駅伝(ぎふ駅伝)への出場がますます難しくなりますね。
東日本は14チーム出場のところ13チームしかエントリーがなく,
全日本への出場枠を1つ減らして,
完走すれば全チーム全日本出場権獲得という
わけのわからない東日本実業団女子駅伝が明日行われるというのに。

選手のみなさんはもちろん一所懸命に走るのでしょうが,
全チーム全日本に出場できると思うと,
見てる方はうがった見方をしてしまいます。

健全な全日本出場枠の配分にするため,見直しが必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | January 2011 »