« 第30回江東シーサイドマラソン | Main | 10周年 »

01/09/2011

七草マラソン

広報に掲載されていたスポーツのイベント、七草マラソンに参加してきました。
プロトンがいるとなかなか自由にイベントに参加できないのですが、
ドナルドと二人で交互にスタートするので、交代でプロトンの面倒を見ながら参加できそうだ
ということでの申込です。

大々的に選手の募集をかけていないようでしたので、
参加は中学、高校の野球部やサッカー部などの運動部の小中学生がメインでした。
それでも1230人のエントリーで、思った以上の規模です。

コースは第7中学校周辺の住宅地を1周するのが3キロ、2周するのが5キロです。
他に小学生は2キロ、一般男子10キロもありました。
校庭には300mのトラックがあり、そこでスタート地点を合わせて、
距離の計測は正確です。

9時30分から小学1,2年女子がスタート、ゴールして、つづいて同学年の男子。
順々に学年があがっていき、まずはドナルドが3キロに挑戦です。
中学、一般(高校以上)、30代、40代の女子がまとめてスタート。
あまり練習ができていないドナルドでしたが、楽しそうにスタートしていきました。

校庭を出てからの周回コースも、応援しやすくて良いコースでした。
3キロですので、あっという間に校庭に戻って来て、
トラックに入ってからは市立習志野高校(市習)の高校生とのデッドヒート。
残念ながら力走も及ばず、それでも12分02秒で30代の部優勝です。

ゴール後に順位の確認のため整列しているドナルドにプロトンを預け、
はやは素早くスタート地点へ移動。
コールには遅れてしまいましたが、ローカルな大会ですから全く問題無しです。

「記録を狙う人は前に出て来て~」という係の先生の声に促されて、
一番前からスタートしましたが、一緒にスタートする中学生が元気で、
あっという間に置いていかれます。

ですが、この前、久しぶりのレースで前半から飛ばして苦しんだので、
今回は落ち着いて、1周目は様子を見ていきました。

所々でドナルドのプロトンの応援を受けて、2周目は落ちてくる中高生をかわしながら、
残り1キロあたりで回りにいる数人を振り切るスパート!
しかし2人に付いてこられて、最後はかわされてしまいました。

いろいろな年代別の部門が一緒にスタートしているので
走っているときに順位はわかりませんでしたが、
しばらくして記録が発表されると、18分13秒、30代で3位ということで、
ありがたく銅メダルを頂いてきました。

プロトンは校庭を走ったり、
ソフトテニスのボールを拾って来て、それで遊んだりと
思う存分動き回ってもらいました。
乾燥して、暖かくなった日だったので土埃が待っていましたが、
プロトンも楽しんでくれたようでした。

小さい子供を連れて、二人でマラソン大会に参加するのは難しいですね。
むかーしむかし、富良野のみゆきさんが
旦那さんと交代でマラソン大会に出場されていたのを思い出し、
実感しているところです。

|

« 第30回江東シーサイドマラソン | Main | 10周年 »

Comments

夫婦でマラソン大会、いいですねぇ。

プロトンも広いお外を存分に走り回ることができて
きっと楽しかったことでしょう。

ドナルドの走ってるところ、見たかったなぁ。

Posted by: ありん | 01/16/2011 at 07:38 PM

ありんもそろそろ親子マラソンとか出場しないの?
この大会の小学5,6年女子の部3キロの優勝タイムが11分24秒だって!ヒャー、速い。

Posted by: きまぐれ | 01/17/2011 at 09:38 PM

「マラソンは疲れるからイヤ。」と言っていた娘(小3)が、担任の先生に「金ヶ崎マラソンに出たら。」と言われたらしく、結構その気になっていました。
私もずいぶん走ってないし、ちょっと親子で走ってみたいと思う、今日、この頃です。

Posted by: ありん | 01/19/2011 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17275/50591027

Listed below are links to weblogs that reference 七草マラソン:

« 第30回江東シーサイドマラソン | Main | 10周年 »