« 分子マシーンにノーベル賞 | Main | 第26回 ぐんまマラソン »

10/15/2016

frun20周年

ぼくが長くランニングを続けてられている理由はfrunにあります。
若々しく走りつづける先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそうな気になりますね。

10月10日の体育の日にfrun20周年のイベントがありました。同窓会のようにとても盛り上がりました。

思い返すと先輩に誘われて中学生で陸上部に入り、それから30年ぐらい走っています。
初フルマラソンは1994年の北海道マラソン。当時はまだサントリーがメインスポンサーでした。

同じくNIFTY-Serveのアカウントを持ったのも1994年。
進学して住み始めた札幌で、マラソン大会の事をfhokuto(北海道フォーラム)で尋ねたところ、
くまぼうさんに誘われてfrunに入ったのでした。
そのマラソン大会は1998年の5月頃に大通公園から円山公園のある西に向かって走る10Kほどのコースだったと思います。
それから18年以上経ちました。札幌から京都、アメリカ、大阪、転々とし、関東で落ち着きました。
各地でランニングを通じてたくさんの友人ができました。結婚もできました。

マラソンを続けていて信じていることがあります。

「マラソンで知り合う人に悪い人はいない」

frunで人生の先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそう。
まだまだ元気に走り続けていきます。

|

« 分子マシーンにノーベル賞 | Main | 第26回 ぐんまマラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference frun20周年:

« 分子マシーンにノーベル賞 | Main | 第26回 ぐんまマラソン »