« September 2016 | Main | November 2016 »

10/15/2016

frun20周年

ぼくが長くランニングを続けてられている理由はfrunにあります。
若々しく走りつづける先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそうな気になりますね。

10月10日の体育の日にfrun20周年のイベントがありました。同窓会のようにとても盛り上がりました。

思い返すと先輩に誘われて中学生で陸上部に入り、それから30年ぐらい走っています。
初フルマラソンは1994年の北海道マラソン。当時はまだサントリーがメインスポンサーでした。

同じくNIFTY-Serveのアカウントを持ったのも1994年。
進学して住み始めた札幌で、マラソン大会の事をfhokuto(北海道フォーラム)で尋ねたところ、
くまぼうさんに誘われてfrunに入ったのでした。
そのマラソン大会は1998年の5月頃に大通公園から円山公園のある西に向かって走る10Kほどのコースだったと思います。
それから18年以上経ちました。札幌から京都、アメリカ、大阪、転々とし、関東で落ち着きました。
各地でランニングを通じてたくさんの友人ができました。結婚もできました。

マラソンを続けていて信じていることがあります。

「マラソンで知り合う人に悪い人はいない」

frunで人生の先輩方を見ていると、いつまでも走り続けられそう。
まだまだ元気に走り続けていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/05/2016

分子マシーンにノーベル賞

今年は超分子化学の分子マシーンの研究にノーベル賞でした。Stoddart先生の論文は修論で緒言に使いましたし、懐かしい感じがします。
そういえば、かつてjunkさんのおもしろ化合物にこれらの分子がとりあげられていましたね。
何にも役に立たない分子たちですが、この研究は自己組織化と呼ぶ分子自身が持つ才能を、人間がどこまで利用することができるのか、挑戦した記録です。
分子シャトルのように、本当に動くのかわからないけど、自分でデザインした分子をその通りに合成し、期待通りに動いたことを証明する。この積み重ねだったと思います。
ノーベル賞で学生時代に勉強した研究に触れて、自分でもおもしろ化合物を合成したくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/02/2016

おこしやすマラソン

Img_3647
おこしやすマラソン ハーフの部に参加しました。

今年はフルマラソンに挑戦すると決めて練習を重ねてきました。アクアラインマラソンに外れ、それから申し込んだぐんまマラソンまであとひと月。ポイント練習のハーフマラソンです。

事前の練習では二日前に2000mインターバル5本を走り、前日は慣れないバスケットボールで汗を流していました。そのため、ふくらはぎや全身にやや疲れを感じる状態です。

レースペースを意識して4'15"–4'30"/kmで走りきることを考えていましたが、コースの鴨川河川敷は足元がでこぼこしているところもあり、二往復するため繰り返して高低差があるので、あまりペースは考えずに走りました。それに気温が30度まで上がるとの天気予報でした。

レース中は久しぶりに顔をあわせる仲間たちがスタッフをしているので、大きく手を振りながら、一瞬だけの再会を喜び合い、エイドでは立ち止まってちょっとだけお話しできました。

前半は二番手で走っていましたが、半分過ぎたところで、先頭の選手がやめてしまったので、意図せずに先頭になりました。もともと追い込んで走っていなかったので、先頭になってからも余裕のあるペースで気持ちよく走れました。船形エイドでたけちゃんにビールをすすめられた時には、断れずにひと口だけいただいてきましたが、名物の生八つ橋もごちそうさまでした。

14500282_1299892720021281_358341857


もともと2002年の第1回大会を始めた時に、いつも参加しているマラソン大会を自分たちで開催しよう、自分たちでやるからには楽しい大会にしようという気持ちで開催しました。15年経ってもおこしやすマラソンは変わらず楽しい大会でした。全てが手作りで一人ひとりができることを手伝って、壮大な大人の遊びです。また同窓会のようにみんなで集まれると良いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »