« 2018年2月4日 船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソン | Main | 第14回浜松シティマラソン »

01/30/2018

第38回 館山若潮マラソン

ランニング雑誌の「クリール」で前年の記事を読んで参加したいと思っていました。前日までカーボローディングで炭水化物をたくさんとることができたので、エネルギー切れせずに最後まで走ることができました。


当日マラソン大会の臨時特急で8時頃に館山入りしました。気温がとても低く、ウエアをどうするか非常に悩み、上半身は手袋にアームウォーマー、アンダーシャツにTシャツ。下半身はハーフタイツの上にランパン。シューズはソーティーよりソールが厚いターサーにしました。

3時間未満のブロックからスタートし、初めの折り返し(約4K)で3時間のペーサーが見えるところにいたので、その集団を風除けのためについて行きました。

思ったほど風がなく、15Kまでに集団から離されたのですが、余裕があるうちに追いついておこうと思い、ペースを上げて20Kではその集団に追いついていました。

時折みぞれ混じりの弱い雨で、寒さのため脚が重くなり、痙攣の兆候も感じられたので、23Kぐらいから集団についていくのにこだわらず、終盤の登り坂も考えてマイペースで走ることにしました。

そのおかげで30Kからの坂は余裕を持って登り切りました。しかし坂を下った後、元のコースに戻る33K付近からさらに脚が重くなり、36Kから何度か痙攣のため立ち止まってストレッチしながらの走りになってしまいました。

39K以降は痙攣もおさまり、残り3キロは立ち止まらずに最後まで走ることができました。残り2キロでドナルドとプロトンの応援にも元気に応えてゴールできました。


寒さも脚が固まってしまった原因で、ロングタイツを着用するべきでした。寒かったことと脚が攣ったこと以外は体に痛みや不具合はなく、楽しく走れました。


特急電車の移動は指定席を取っておいてよかったです。行きも帰りもゆっくりできました。大会ではスタートに並ぶ誘導が適切でロスタイムなくスタートできました。

もう少し暖かくなると期待していましたが、冬のレースではしかたないですね。

30Kからの上り坂も脚を温存しておいたためが、それとも気持ちの用意ができていたためか、坂は心配していたほどではありませんでした。それよりも前半は細かなアップダウンがずーっと続くので、30Kまではゆっくり行くのが良いと思います。


最後に、館山駅周辺でお土産を買おうと思っていたのですが、あまり時間がなく、良いものが見つけられませんでした。会場で購入すればよかったです。

それと、レースの1週間ほど前に館山観光協会に電話して、当日の日帰り入浴できる施設を問い合わせしたのですが、タクシーで移動する必要があるところを紹介されました。帰りの特急があるので歩いて行けるところを紹介してほしいとお願いしたのですが、ありませんという返答でした。
しかし会場で受付をすると、コース沿いの「たてやま夕日海岸ホテル」で当日500円で入浴できる券がついていました。観光協会とマラソン大会のコンビネーションがイマイチでした。それでも駅前の観光協会の前で暖かい甘酒を提供していたんですけど。

全般的に楽しい旅行になりました。気持ちよく走れましたし、応援もできました。また来年も参加したいと思います。

DATA フルマラソン 40〜49歳の部 72位 #1904
5K 21:03 (21:03)
10K 42:20 (21:16)
15K 1:03:41 (21:21)
20K 1:23:54 (20:13)
Half 1:28:26
25K 1:45:12 (21:18)
30K 2:08:14 (23:02)
35K 2:31:19 (23:05)
40K 2:58:39 (37:20)
Goal 3:09:26


|

« 2018年2月4日 船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソン | Main | 第14回浜松シティマラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第38回 館山若潮マラソン:

« 2018年2月4日 船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソン | Main | 第14回浜松シティマラソン »