01/27/2019

第39回館山若潮マラソン

#2028 フルマラソン 3:03:55 43位/1549人中
Tarther Zeal 6 blue 2018

年末年始の体重増加を戻すことができていない。そのため体が重たい感じがする。

快晴だが風があったので、アームウォーマーを着用してスタートすることにした。トイレマネジメントもバッチリだった。

3時間のペースランラーが目の前にいたので、風除けにしようと思って前半はついていくことにしたが、初めからキロ4分ぐらいの速いペースだったので、少し遅れ気味だった。息が上がるほどのペースだったが、見える位置でついていった。それでもレースが始まると追い風で、アームウォーマーも汗ばんできた。21キロで折り返した所で向かい風になったが、ペースを左右するほどではなかった。ただ、お腹が冷え、右わき腹に差し込みがきたため、ペースを落として集団から遅れて走った。幸運なことに風向きが変わって、単独走でもリズムに乗って走ることができた。30キロの上り坂からは左足親指に圧迫感を感じるようになり、脚全体の疲労感も高まってきた。25キロ以降は順位を下げるペースになったが、最後まで止まることなく走ることができた。しかし、30キロ以降は疲労のため、時計を確認するのも面倒になってしまうほどだった。また捕食は15キロからスポーツようかんを少しずつとったが、最後はエネルギー不足を感じた。これも疲労感が大きくなった原因かもしれない。

あと少しで3時間だったが、疲労感が大きく悔しいという気持ちもなかった。

左足親指の爪が血豆のため痛い。豆ができないように最近レースでは5本指ソックスを着用しているが、ソーティと違い、ターサーでは窮屈で指が圧迫されてしまった。レース用のシューズとソックスを見直す必要がある。

30キロの急坂名物であるが、15キロまで繰り返し続く起伏も体力を奪ってしまう。15キロから20キロにかけてのフラワーロードはフラットで軽快に走ることができ、ペースが上がってしまうポイント。

 キロ4分ぐらいでも息が上がってしまい、呼吸が苦しく感じた。調子が今ひとつなので、大会前の調整方法を見直したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/13/2019

第46回習志野市七草マラソン

#7077 一般男子 10K 38:02 23位/77人中
Tarther Zeal 6 blue 2018

年末年始で体重が増えていたことと年始のランニングで体が重く、ふくらはぎが張っていたので練習量を落としており、練習できていない不安があった。
直前は体重は増えたままだったが、調整練習で走る距離を減らしたので、ふくらはぎの張りは無くなっていた。

前半は少し速い選手の後ろについて追い込んで走ったが、呼吸が苦しくなり後半は離れてしまった。ペースダウンしたものの後ろの選手に追いつかれることなく、グランドに戻ってからスパートをかけることもできた。全体的にはよく走れたと思う。

足に疲労感はあまりなく、痛みもなかった。日差しがありスタートの時には気温が上がって来たので,ゴール後は暑く感じるほど汗が出た。

筋肉痛はほとんどなし。フルマラソンに向けて練習を積んできているため、スピードが伸びていない。

相変わらずシリアスなメンバーが集まる大会。フラットな周回コースだが、川沿いのコースに降りる際の急カーブとくだりが要注意。

10Kも良いタイムを出したいが、フルマラソンを目指しているので,グッとこらえてマラソンの練習をすることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/07/2019

2019 船橋市東部ブロック 第23回耐寒マラソン大会は2/3開催

Image190107131941


毎年参加している船橋市東部ブロックの耐寒マラソンの案内が市民センターに出ていました。

開催は2月3日で場所は昨年と同じく日大理工学部の鳥ガールの滑走路(交通総合試験路)です。
申し込みはポスターにある所定の公民館、市民センターで1月11日から13日です。

今年も館山マラソンの翌週になりますが,10Kに挑戦しようと思います。

開催日時:
2月3日(日) 開会式 9:00 受付は各競技開始40分前まで
 ファミリー1.5K 9:40, 1.5K, 3K 10:00, 5K 10:30, 10K 11:20

開催場所:
日本大学理工学部船橋キャンパス、東葉高速鉄道船橋日大前すぐ

申込日時:
1月11日(金) 18:00-21:00、
12日(土)と13日(日) 15:00-18:00

参加費:
高校生以上 1500円、 中学生1000円、小学生500円

問合せ先:
スポーツ推進委員(保坂)もしくは(田久保)ポスター掲載の電話番号まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/06/2019

NIKE RUN CLUBアプリ 15000K突破

2006年の文化の日からランニングのログを取り続けてきたNIKE RUN CLUBの合計走行距離が15,000Kに到達しました。
Img_5342


2017年2月に10,000K到達の記事を書いていましたので,この5,000Kは2年かからなかったということです。最近ではもっぱらGarminで計測してNIKE RUN CLUBアプリに同期しているので,比較的手軽にランニングのログを取ることができます。スマホのアプリだとどんどん高機能化して、スマホがついていかなくなるんですよね。
これからも元気に走って地球半周に当たる20,000Kを目指したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/22/2018

ちばアクアラインマラソン2018

10月21日 ちばアクアラインマラソン2018
#299 3:03:43 102位/9593人中

いつもシーズン最初のレースは不安でいっぱいです。
今年は特に夏場の走り込み不足で,距離に対して不安がありました。
実際に4週前の30キロではやっとの思いで走ったので,
フルを走り切れるのか心配でした。

Img_2550
(富士山の写真は知人に分けていただきました)

当日の朝は時間に余裕を持って出発し,
特急アクアライン号で落ち着いて会場入りできました。
当日は天候に恵まれ,
1時間前にスタートラインに並んでいても全く体が冷えることはありません。
風はありましたが日差しの方が強く感じたため,
スタートを待っている間に日焼けしました。

Img_5198_3

最前列からスタートできたので,ハーフの選手につられて速いペースで入りました。
アクアラインに上がるまでのくねくねしたコースでは強い風を感じたので,
風よけを探しながら走りました。

約9キロから始まるアクアライン上のコースでは想像以上に風が強く,
その分景色が最高でした。スカイツリー,富士山がくっきりと見えました。
次第に本来のペースに落として走っていると,
後ろから3時間のペースセッターが追いついてきたので,
その集団について走って行き海ほたるに到着しました。

びわゼリーを食べて,帰りのアクアラインは追い風。
ペースセッターを意識せずに気持ちよく走りました。
アクアラインののぼりくだりは,まだ前半で余裕があったので,
ほとんど気になりませんでした。

ハーフのゴール地点付近での大声援を受けて通過したあと,
フルの選手だけになり,3時間のペースセッターから遅れていたのですが,
その集団が少しペースを落としたようでしだいに追いつきました。
この辺りはまだ海からの風が強くて,集団で走っていて良かったです。
袖ヶ浦駅近くのアンダーパスをくぐり,25キロ付近の上り坂がしんどかったのですが,
沿道の小学生が全力で応援してくれているので,自然と元気が出ました。
この辺りまで来ると風はあまり感じず,
またペースの維持も厳しくなってきたので,
無理に集団に着くのをやめてペースを落として後半の坂に備えていました。

それでも34キロ付近の登りは脚にきて,
下ったところの35キロをすぎたところで太ももに痙攣がきたので,
立ち止まってストレッチをしました。
少し歩いていたら回復してきたので,
また走りだし,38キロの最後の坂でもペースは落ちましたが,
なんとか登りきり最後まで走りきれました。
ゴール地点のガッツポーズはNHKで放送されました。
アクアラインでマラソン大会

30Kからは足が痛かったですが,
沿道のたくさんの応援からエネルギーをもらって走ることができました。

痙攣していたものの,つったわけではないので,
翌日は筋肉痛以外では特に痛みもなく,心地よい疲労感です。

天候に恵まれたので,スカイツリー,富士山がくっきり見えました。
前半のアクアラインの起伏はそれほどランニングに影響しませんでした。
しかし30キロ以降の終盤の坂はかなり脚に堪えました。

ゴール後は近くのスーパー銭湯まで歩き,
お風呂の後は会場に戻って無料バスで駅に移動しました。
電車も確実に座りたかったので総武快速線のグリーン車にしました。

実は国内で10000人規模のマラソン大会は勝田に次いで2回目で,
イベントの要素が強い大会は今回が初めてでした。
スタート前に森田知事が言っていたように,
天気だけですでに成功が決まったような大会だと思いました。
2012年から今年で4回目ですが,
毎回好天に恵まれる大会ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2018

第37回 八戸うみねこマラソン全国大会

八戸うみねこマラソン全国大会 
#1180 ハーフ40歳以上の部 1:24:40 5位/651人中

大会前日は仕事のため八戸到着は20時過ぎでした。
直前の一週間は雨が続いてあまり走っていなかったので、足に疲労は残っていなかったです。

当日の朝はホテルの朝食をしっかり食べて、体調は万全。天候も曇りで微風。
この時期にしては湿度と気温ば少し高めに感じたが、暑い時用にウエアを用意していなかったので、半袖ユニホームと七分丈タイツで走ることにした。シューズは最近レース用にしているソーティを着用した。

余裕を持って1列目からスタートできた。八戸のランナーは控え気味で、前方は空いていました。
スタート直後、抑えて入ったつもりが、5キロの通過は19:06と予想以上に速かった。6キロの登りで苦しくなり、集団から置いて行かれ、ペースを維持できずにズルズルと遅れてしまった。しかし追いつかれるランナーはなく、残り1キロ付近で39歳以下のカテゴリーの選手に抜かれたが、年代別5位でゴールすることができた。

飛ばして入ったので、すぐに苦しくなり、最後まで体を思いっきり動かして走ることができなかったというと悔しい思いもあるが、その中でもピッチを上げるなどしてペースを維持できて満足だった。

大会後は翌日から脚全体に筋肉痛があり、4日目まで全身に疲れを感じていたものの、体調は良くケガもなかった。

去年は雨で寒い大会だったが、今年は曇りでやや風があるぐらい。復路は追い風で暑いぐらいだった。良い位置からスタートでき、思いっきり走ることができた。表彰式を待っていたところ、4位の選手(#1393 平さん)から話しかけられ、翌週の奥州きらめきマラソンが控えているので、速い選手はハーフに出場していないことなどを教えてもらった。去年とタイムが同じなのに、順位が10位から5位に上昇したのか納得できた。

冬のレースと違って、走り込み不足や暑さのため、キロ4分で最後まで走れなかったのは残念だった。ただ、3月の外環道マラソン以来、短い距離ではスピードが出せるように感じている。
これを維持して、スイカロードレースでは37分台を目指したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/13/2018

第6回 古河はなももマラソン

記録:グロス:3:00:03、ネット:2:59:41 マラソン男子549位、 40~49歳117位

一週間前の外環道10Kで37:06と好タイムが出たのでスピードに心配はありませんでしたが、左ふくらはぎに疲労が残っていたのが不安でした。
Img_4750

スタート時の天候曇り、気温5℃、風はほとんどなし。睡眠もしっかり取れて目覚めも良かった。体調は万全。スタート前はひんやりした空気だったので長袖を着て行こうか迷ったけど、結果的には半袖 Tシャツで走ってちょうど良かった。手袋をつけて走りましたが、15キロで脱ぎました。シューズはソーティにした。

痙攣対策としてスタート40分前に塩タブレットを一つ食べて、200円で荷物を預けてから20分前にはスタートラインに並びました。
3時間を目指すランナーが多く、集団で走れたので、ペースがつかみやすかったです。22キロで左ふくらはぎに違和感を感じたので、ペースを落としてました。40キロでタイムを確認して3時間は大丈夫だと確信しましたが、スタートのタイムロスを把握していなかったので、グロスでのサブ3は全くわからない中でゴールを目指しました。結果はグロスでは3時間に3秒届きませんでしたが、ネットタイムでサブ3を達成できた。レース中の捕食は15キロでスポーツようかん、30キロでジェル、塩タブレットは14キロ、28キロ、35キロ。
Img_4751

体は最後まで動き、ピッチも落ちませんでしたが、両ふくらはぎの疲労感が大きく、一週間前のレースの影響が残っていたと感じながら走っていました。それでも今シーズンのフルマラソンでは脚へのダメージが一番少なかったです。うまく走れたときは、こんなもんですね。

コースは折り返しが多いもののフラットなコースで、記録は出やすいと感じました。道路は全般に広く、アップダウンも緩やかで気持ちよく走ることができ、人気の大会なのも頷けます。大会全体ではお祭りの要素はあまりなく、1万人を超える大会でありながらスムーズな運営に感心しました。

 サブ3目標の選手が多く参加していて、終盤になるにつれ応援が「3時間切れるぞ!」という声になり、40キロでLittle Glee Monsterの「Jupiter」が流れていたこともあり、クライマックスに力がみなぎりました。ちょうどその辺りで女子の先頭に追いついて、最後まで気持ちが切れなかったことも良かったです。
 それと、Kanさんの三回忌が近かったこともあり、途中でサブ3を目指して走っていたKanさんを思い出しました。ぼくがフルマラソンを完走しようと思い、練習を再開したのも約2年前で、Kanさんが亡くなる直前でした。勝手にKanさんの気持ちを感じて走っていました。
 練習を再開した時はサブ3なんてとても目指せるものではありませんでしたが、コーチ(ドナルド)の厳しい練習メニューをこなしていくうちに体重が減り、スピードも戻ってきました。最後にサブ3を達成したのは2006年の日比野賞中日豊橋マラソンで、それから12年。ゴール前では1999年旭川マラソンでの初サブ3の歓喜が蘇ってきました。どちらのマラソン大会も今はすでに開催されておらず、改めてとても長い時間が経ったのだと実感しました。

 マラソンの楽しさを改めて感じ、これからも楽しく走り続けていきたいと感じた節目のレースとなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2018

第14回浜松シティマラソン

静岡県の大会は(おそらく)初めての参加でした。

Img_4684

木曜日に刺激を入れたのですが、
たまたま気温が高かったため、
体がよく動きました。
調子は良かったです。

前日のうちに新幹線で浜松駅に到着すると
YOSHIKIのクリスタル・ピアノが展示されており、
生演奏が披露されていた。
気持ちが高ぶりました。

当日はホテルに荷物を預けて徒歩でスタート地点に移動しました。
他のランナーも同じように歩いているので、
迷わずに行くことができます。
控え室の小学校の体育館とアップ用の小学校のグランドがスタートや荷物預かりのすぐ近くで便利。気温が1℃ととても寒く、
仮設トイレの手洗い場の洗面器が凍結しています。
風も冷たく吹いていて、
荷物を預けてスタートラインに並んでいる30分間で、
温まった体がすっかり冷えてしまいました。
温暖な気候の地での大会を予想していましたが、
真冬の大会ですからね。
9時スタートでは寒くても仕方ありません。

Img_4686


Img_4687

2列目からのスタートで、
先頭がはっきり見える位置です。
初めは寒さと強い風のためペースがつかめません。
5キロに急な登りがあるため、
前半は無理をしないペースで前について行き、
追い風になる11キロ過ぎから体が温まってきて、
16キロから風に乗って追い込んだペースでゴールまで走りきることができました。

スタートが浜松市役所で、
前半は浜松駅前を含む市街地を走り、
ゴール地点の競技場を通過して、
航空自衛隊浜松機の周辺を走るワンウェイコースです。
5~6キロ地点に大きな登りがあり、
その前後にも起伏があります。
ワンウェイコースのため、
荷物の輸送があるので、
スタート前に時間がかかってしまうのはしかたないですね。
今回は預けるのにそれほど時間はかかりませんでしたが、
ゴール後の受け取りでは、
要領を得たスタッフがおらず、
ボランティアの中学生があたふたしていたため、
かなり待たされることになってしまいました。
改善が期待されます。

次のレースは2週間後。
外環道の10Kです。

ハーフマラソン #167 1:22:45
40歳代の部 19位


Img_4688

ゴール後、昼食のお店を探していたところ、
マラソン参加者生ビール一杯無料というお店を発見して、
お腹いっぱいになりました。


Img_4689


| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/30/2018

第38回 館山若潮マラソン

ランニング雑誌の「クリール」で前年の記事を読んで参加したいと思っていました。前日までカーボローディングで炭水化物をたくさんとることができたので、エネルギー切れせずに最後まで走ることができました。


当日マラソン大会の臨時特急で8時頃に館山入りしました。気温がとても低く、ウエアをどうするか非常に悩み、上半身は手袋にアームウォーマー、アンダーシャツにTシャツ。下半身はハーフタイツの上にランパン。シューズはソーティーよりソールが厚いターサーにしました。

3時間未満のブロックからスタートし、初めの折り返し(約4K)で3時間のペーサーが見えるところにいたので、その集団を風除けのためについて行きました。

思ったほど風がなく、15Kまでに集団から離されたのですが、余裕があるうちに追いついておこうと思い、ペースを上げて20Kではその集団に追いついていました。

時折みぞれ混じりの弱い雨で、寒さのため脚が重くなり、痙攣の兆候も感じられたので、23Kぐらいから集団についていくのにこだわらず、終盤の登り坂も考えてマイペースで走ることにしました。

そのおかげで30Kからの坂は余裕を持って登り切りました。しかし坂を下った後、元のコースに戻る33K付近からさらに脚が重くなり、36Kから何度か痙攣のため立ち止まってストレッチしながらの走りになってしまいました。

39K以降は痙攣もおさまり、残り3キロは立ち止まらずに最後まで走ることができました。残り2キロでドナルドとプロトンの応援にも元気に応えてゴールできました。


寒さも脚が固まってしまった原因で、ロングタイツを着用するべきでした。寒かったことと脚が攣ったこと以外は体に痛みや不具合はなく、楽しく走れました。


特急電車の移動は指定席を取っておいてよかったです。行きも帰りもゆっくりできました。大会ではスタートに並ぶ誘導が適切でロスタイムなくスタートできました。

もう少し暖かくなると期待していましたが、冬のレースではしかたないですね。

30Kからの上り坂も脚を温存しておいたためが、それとも気持ちの用意ができていたためか、坂は心配していたほどではありませんでした。それよりも前半は細かなアップダウンがずーっと続くので、30Kまではゆっくり行くのが良いと思います。


最後に、館山駅周辺でお土産を買おうと思っていたのですが、あまり時間がなく、良いものが見つけられませんでした。会場で購入すればよかったです。

それと、レースの1週間ほど前に館山観光協会に電話して、当日の日帰り入浴できる施設を問い合わせしたのですが、タクシーで移動する必要があるところを紹介されました。帰りの特急があるので歩いて行けるところを紹介してほしいとお願いしたのですが、ありませんという返答でした。
しかし会場で受付をすると、コース沿いの「たてやま夕日海岸ホテル」で当日500円で入浴できる券がついていました。観光協会とマラソン大会のコンビネーションがイマイチでした。それでも駅前の観光協会の前で暖かい甘酒を提供していたんですけど。

全般的に楽しい旅行になりました。気持ちよく走れましたし、応援もできました。また来年も参加したいと思います。

DATA フルマラソン 40〜49歳の部 72位 #1904
5K 21:03 (21:03)
10K 42:20 (21:16)
15K 1:03:41 (21:21)
20K 1:23:54 (20:13)
Half 1:28:26
25K 1:45:12 (21:18)
30K 2:08:14 (23:02)
35K 2:31:19 (23:05)
40K 2:58:39 (37:20)
Goal 3:09:26


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2017

2018年2月4日 船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソン

2018_2

2018年の船橋東部ブロック 第22回耐寒マラソンの要項が発表されていました。
日程は2月4日(日) 場所は日本大学理工学部 船橋キャンパス 総合交通試験路 です。
例年どおりの種目で、
1,5K 9:40 ファミリー宣言タイム制、1,5K 小学生低学年・中学生・一般
3K 10:00 小学生高学年・中学生・一般
5K 10:30 中学生・一般
10K 11:20 一般
になります。


参加料は一般1,500円、中学生 1,000円、小学生500円。
参加申し込み受付は東部・飯山満・薬園台・習志野台・三山市民センター 各公民館で、
1月12日(金) 18:00〜21:00と13日(土)、14日(日)の15:00〜18:00となっています。

今年は計測器が変わるのでしょうか? MX7 使用 と強調されていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧